その他
【ジャニーズ研究会レポート】

アイドルとして「苦労自慢」を固辞する、Hey!Say!JUMP伊野尾慧の強い眼差し

アイドルとして「苦労自慢」を固辞する、Hey!Say!JUMP伊野尾慧の強い眼差し

 「Myojo」(集英社)2014年3月号、まずは年に1度の「Jr.大賞」を見てみましょう。ジャニーズJr.の人気のバロメーターとなる「Jr.大賞」は、同誌の読者投票によるもの。特に「恋人にしたいJr.」部門は歴代、滝沢秀明や山下智久、赤西仁、山田涼介など各世代のスターを輩出してきました。昨年トップの松村北斗をおさえ、今年の1位に選ばれたのは意外なアノ人。1位の彼は、「ケンカが弱そう」「泣き虫そう」の他部門を同時受賞しているということで、今までの“カッコよくて芯の強い”男から、 “繊細で優しい”男に読者の求める男性像が移行したことがうかがえます。今年の「恋人にしたいJr.」のランキングは、1位以外のメンツも昨年からの大飛躍や大幅ランクダウンが入り乱れ、大混戦。それだけJr.の層が厚くなったともいえます。袋とじ企画ですので、自宅でお楽しみください。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アイドルとして「苦労自慢」を固辞する、Hey!Say!JUMP伊野尾慧の強い眼差しのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!