ビジュアル×ストーリーの相乗効果で最高のオカズになるエッチなマンガ

【messyより】

momoco1017cw.jpg
Photo by Style Crush xoxo from Flickr

 「秋のエロ・カルチャー月間」も3週目を数えました。今回はHなマンガのお話です。私が最初に性表現だらけの漫画を見たのは、いわゆる「薄い本」というものでした。それまで活字派だったので、オカズとしての漫画にはまったく興味を示さなかった私でしたが、同じ部活にいつも何かしらの漫画を読んでいる子がいて、「何読んでるのー? 私にも見せて」といったら、いきなり知らない世界と対面して……。カルチャーショックでした。

 それにしてもあの子は、学校でよくあれだけ大胆なものを読んでいたなぁと、いまになって思います。それが彼女の性癖だったのでしょうか。あまりに過激な性描写に「す、すごい!!」とのけぞったものの、私はその元となっている漫画を知らないので、ストーリー的にはまったく入っていけませんでした。ただただ、描写を追うだけ。そして、その熱量に圧倒されました。

 官能小説ではあまり擬態語が使われず、婉曲的な言い回しも多いので、当時、バージンだった私にはまだ想像が及ばない領域もたくさんありました。でも漫画は「ズチュッ」とか「ヌプッ」とかいった生々しく……

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク