[TVツッコミ道場]

ロバート・秋山竜次のだらしない体に宿る、ストイックなセンスの塊

robert.jpg
『ロバートLIVE!DVD 2005』/R and C Ltd.

 今回ツッコませていただくのは、7月29日放送分『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したロバート。

 ゲストの紹介は、「1人だけがブレイクしている」というものだった。確かに、ロバートでは今、秋山竜次だけが、上半身裸で有名人の顔写真を切り抜いた画用紙を顔にあてるだけの「体ものまね」でブレイクしている。秋山が、というか、「秋山の体」がやたらとブレイクしている。

 この日も「1人だけ忙しい顔しないでほしいよな。馬場(裕之)ちゃんも山本(博)も、ちゃんと忙しい」(くりぃむしちゅー・上田晋也)と言いつつ、馬場には「趣味のぬか漬け」の話をさせてみたり、山本にボクシングの話をさせてみたりする一方で、「画用紙をこうやってる(顔にあてる)だけ」「お面かぶるなんて幼稚園児でもできる」などと茶化し、キレさせていたが……。

 これらはすべて秋山の「体ものまね」への壮大な前フリにすぎなかった。しかも、今回披露されたのは、残る2人も上半身裸で加わり、顔写真をあてる新たな「3人体ものまね」。人数が増えたことでパワーアップするわけではなく、あくまで「秋山の体」ありきの芸なのだが、くだらなく見えて、実はかなり計算されている気がする。

 そもそもこの芸をひらめいたこと自体、センスの塊としか言いようがない。「ひねらず、誰にでもわかるシンプルな笑い」というのは、くだらなく見えて、実はかなり洗練されているように思う。そして、なによりスゴイのは、ストイックさのかけらも感じられない体で、繰り出す芸はかなりストイックなこと。

 無限に応用可能な便利でお手軽な芸に見えて、人選はいちいち心憎いほど絶妙で、ポーズや体の角度など、細やかな研究がなされている。実際、「『このネタに合うヤツ考えてこいよ』って言われて、考えてくるのに、全然採用してくれない。BEGINさんとか」と馬場が言うと、秋山は口ごもって、小さな声でこんなことを呟いていた。

「なんかちょっと安易……」

 仲良しトリオであり、ギャラも3分割と言われている「お人好し」だが、芸に関してはなあなあで済まさない秋山。ほかの2人は秋山の精神的安定において重要なのかもしれないが、生かそうとしつつも、結局、秋山のセンス頼みになっている。

 また、幸か不幸か、まったくオシャレじゃないルックスと、わかりやすい芸によって「くだらなすぎて面白い」と分類されているが、もっとシュッとしていて、もっと小難しそうな見せ方をすれば、サブカル好きの人なんかが俄かにもてはやすのではないだろうか。でも、そうなったら、魅力半減だけれど……。

 ストイックな精神と、ストイックさのない熟練の体とが生んだ「体ものまね」。世界にも通用しそうな気がすると言ったら、言いすぎだろうか。
(田幸和歌子)

サブカルが語り出したら終了の合図

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー