今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

タレントとして進化を遂げたデヴィ夫人、その背後で蠢くモノとは

devihujin.jpg
『デヴィの「ここまで言ってよろしい
かしら」』/あうん

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎稲川素子が動いたか
 何だか最近気になるのがデヴィ夫人。どんどんテレビタレントとしてうまくなっているというか、腕を上げているのである。「笑われている」状態だったのが、「何をすれば笑われるのか」を自覚し始め、そこを踏まえて今は「笑いを取りに行く」というのを、ちょっと掴みかけてる。テレビというものを「わかって」きた感じなのである。脂が乗り始めた頃の中村玉緒を彷彿とさせる。いや、ボケの内容や発言のタイミング、キャラの認識、ひな壇とピンでの濃度の調節、セレブとババアの使い分け、ドッキリの仕込みまでこなすなど、技術面では、ある意味玉緒を上回っていると言っても過言ではない。使いでがよくなったからか、制作側も結構なヘビロテでデヴィ夫人を出すように。これで妙なブログ発言を封印できれば、完全に「わかった」ということになると思うのだが。この急な成長は何だ。事務所入ったか。

◎安も知らなそうだしな
 今回も一定のネタの獲れ高はあった『オールスター感謝祭』(TBS系)。たけしの「こいつがネエちゃんハラませたヤツだろ?」、森三中・大島の「西野ォ! 見てるかこの野郎!」などに耳目が集まっていたが。密かに印象的だったのが、東MAXこと東貴博。「ご当地焼きそばを北から順に並べよ」という問題で、画面に出ていた「なみえ焼きそば」の文字を見て「なみえってどこ?」「なみえってどこ?」と何度も口にしてた。戦争を知らない子どもたちか。違いますね。しかしよく「浪江町」を知らないままでタレント稼業できるよな。こういうのって、変なスキャンダルなんかより、よっぽど脳に残るんである。東MAX、これで福島での仕事はまずないな。『女神のマルシェ』(日本テレビ系)の東北の売り上げが落ちないことを祈って。祈りゃしないが。

◎ブラック乙武君
 今年のエイプリル・フールNo.1ギャグは「手足が生えてきた!」の乙武洋匡君に決定! 足湯で「足指だけでも浸かって行って」と客引きされたとか、やたらとブラックジョークづいている最近の乙武君。『24時間テレビ』(日本テレビ系)でしか障害者を思い出さない偽善よりは、こうしたギャグに呵々大笑できる鷹揚を、というモーションなんだろうが。だったら、あんなベタな感動モノでなく、もっと『最強のふたり』みたいな映画に出てもらいたかったなぁ。もう一歩進んで、いきなり『江戸川乱歩全集』とか『It is Fine! Everything is Fine』みたいなカルト映画ってのもアリだったかも。あ、もしかして、今はその資金集めってこと? そうか。きっとそうだよね。今後に勝手に期待することにしよう。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク