介護をめぐる親子・家族模様【第7話】

「母はお姫様」トンチンカンな介護をする夫兄弟に呆れる嫁のため息


Photo by IAN Chen Flickr

 程度の差はあるが、男の子を育てている母親はみんなお姫様だ。「ママかわいい」「ママと結婚する」なんて言われた日には、「息子を産んでよかったー」と思う。もちろん、その息子はそんなことはすぐに忘れてしまうのだが、母親はいつまでも息子に一番愛されていると思っている。だから多くの嫁姑関係は、息子の愛の取り合いから始まる。一方、嫁の存在をものともせず、いつまでも相思相愛であり続ける母と息子もいる。年をとってもお姫様のままでいられる母は幸せだが、嫁はたまったもんじゃない。

<登場人物プロフィール>
大原 映子(52) 大阪在住。息子2人は社会人で、夫と2人暮らし。パート勤務
大原 俊也(58) 映子さんの夫。男ばかり3人兄弟の長男
大原 ミヨ子(85) 俊也さんの母。認知症の初期で、有料老人ホームに入居中
大原 達弘(88) 俊也さんの父。大阪で1人暮らし

■夫や義弟たちは「お母さんが大好き」

 大原さんは、この数カ月ほとんど毎週末夫の実家に通っている。1人で暮らす義父の様子を見て、家の片付けをするためだ。

「とにかく、物が多い家なんですわ。義母の何十年も前の洋服や着物。バッグや靴。引き出物の食器や寝具。主人は、義母のことが大好きやから、『お母さんの物は捨てるな』って言うけど、そんなの知らん。もう毎回行くたびにゴミ袋何袋分も捨ててます。私には別に義母が取っておいたものに何の執着もあらへんし」

 と、笑う。大原さんの義父母は、大原さんの夫や義弟たちが独立してからはずっと2人で暮らしていた。同じ大阪府内とはいえ、車で1時間以上かかる場所に住んでいたこともあり、行き来はそう頻繁ではなかった。夫の弟たちも関西に住んでいるが、みんな似たような状況だったという。といっても、それは嫁たちの話。息子たちは、たびたび両親の顔を見に帰っていた、と大原さん。

「いわゆる、昔の姑さんなんですわ。良妻賢母を絵に描いたような人やから、嫁にも要求することがすごく多い。そやから私だけやなくて、義弟たちのお嫁さんもお義母さんを煙たがっています。けど主人や義弟たちは、お母さん大好き。みんなお嫁さんがいい顔をしないから、自分たちだけ実家に帰ってお母さん孝行してたみたいですよ。まあ、そうしてくれるならこっちは楽やから、文句も言わんし。それでうまく行ってたんやけどね」

大智は愚の如し

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー