実弟も銃撃された過去が!

ジェニー・リベラの飛行機墜落事故、メキシコ麻薬組織が関与か?

JenniRivera.jpg
亡くなったジェニー・リベラ

 9日、小型飛行機の墜落事故で亡くなったと報じられた、歌手のジェニー・リベラ。メキシコ当局は「生存者はいない」と発表し、悲惨な墜落現場写真もリークしたのだが、彼女の家族は「生きていると信じている」と望みを捨てていない。一方で、この事件には同国の麻薬組織が関与しているのではないか、と見る向きも少なくない。

 日本では知名度の低いジェニーだが、メキシコをはじめとするラテン・アメリカ諸国では押しも押されぬスーパースター。アルバム総売り上げは1,500万枚以上、2003年、08年、10年とラテン・グラミー賞にノミネートされており、10年には女性バンダ歌手として初めて、ロサンゼルスのノキア・シアターでの公演を連日完売させるという記録を作った。音楽界だけでなくテレビ界でも活躍しており、長女と共に司会を務めた『Jenni Rivera Presents:Chiquis & Raq-C』や、『I Love Jenni』『Chiquis n Control』などの番組をプロデュース。コスメや香水、ジーンズのプロデュースも手掛けるなど、幅広い分野で活動するマルチ・ウーマンだった。先日、ハリウッドの事務所と契約を結んだばかりで、米3大ネットワークABCでコメディ番組をプロデュースする交渉が進んでいたとも報道されている。このままいけば、数年後にはアメリカを代表するスターになっていただろうと伝えられている。

 そんなジェニーが搭乗した小型飛行機が消息を絶ったのは、9日午前3時半ごろ。8日の夜にメキシコ・モンテレイでの公演を終えたジェニーは、『La Voz … México』に出演するため、お付きの者5人と共にメヒコ州トルーカに向かっていた。その後の捜索で、飛行機の残骸が発見。事故原因は不明だが、地上8,500mから時速965kmで真っ逆さまに墜落したとみられている。事故現場の写真も流出したが、生存者がいないのは誰の目から見ても明らかであり、米国家運輸安全委員会は10日、メキシコ当局から「『9日にメキシコ北部に墜落した飛行機事故でジェニー・リベラが亡くなった』との報告を受けた」と発表した。

 しかし、ジェニーの家族は「あきらめるのは早い」と発言。4人の兄弟たちは口々に「姉の遺体はまだ発見されていない。発見されるまで生死は分からない」「姉は生きている! 姉の遺体をこの目で見るまで、生きていると言い続ける。まだ何も確認されていない」とコメントした。

 ジェニーの11歳になる末っ子のジョニー・エンジェル・ロペスは、とある霊能者がFacebookに「ジェニー・リベラはまだ生きている。ジェニーとメイクアップ・アーティストの女性の2人が助かっている。墜落現場から19キロ離れたところにいる」「川の近くの峡谷に隠れている」と書き込んだのを見つけ、「ボクのママは生きている! 望みを失いかけていたけど、取り戻したよ。ママは死んでなんかいない」と「#savejenni」というハッシュタグをつけてツイート。この霊能者の情報を頼りに、家族はヘリコプターを飛ばし、捜索することを決定した。

 実は、家族は、この墜落事故はただの事故ではないと思っている。ファンの多くも、この事故はメキシコの麻薬組織(カルテル)が仕組んだことであると思っている。2006年以来、多くのメキシコ人ミュージシャンが組織により殺害されており、ジェニーも2年前に「次に死ぬのはお前だ」というTwitterのメッセージを、カルテルとリンクしたアカウントから受け取っているからだ。

 それだけではない。事故を起こした小型飛行機は、麻薬組織・ティフアナとつながりのあった男からの“プレゼント”だった。パイロットが78歳と高齢だったことも、疑問視されている。財布に入っていたはずのジェニーの運転免許証だけがはっきりとした形で発見されたのも、「ジェニーを誘拐した麻薬組織による、彼女が死んだと思わせるための細工ではないのか」とささやかれているのだ。

 ジェニーの弟ルピロ・リベラもメキシコで名が知られるポップ歌手であり、10年にはグラミー賞最優秀バンダアルバム賞を獲得。彼は、06年にメキシコのグアダラハラで乗っていたSUVが銃撃を受け、九死に一生を得たことがある。この事件も、組織により仕組まれたものだとされている。

 ジェニーになりすましTwitterアカウントを開いて「私は生きている。助けて」というツイートをする者が現れたり、事故現場から遺体の一部を含む被害者の私物を盗んだとして、メキシコの警察官2人が逮捕されるなど、嫌な展開を見せている今回の飛行機事故。

 最新情報ではジェニーの遺体が確認され、遺族に引き渡されたとのこと。ジェニーの広報担当者と副操縦士も発見されたとのことだが、どのようにして本人だと確認したのかは、明かされていない。最愛のジェニーを失った家族の苦しみは、まだまだ続きそうである。

陽気というイメージも今は昔

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー