ゆかしな所長のふろくわんだぁ~らんど☆

なんて贅沢な時代だ! 「りぼん」の本気をふろくのトランプに見た!

少女だった頃、心をときめかせてくれた少女マンガ雑誌……と、その横にいつも一緒にいた「ふろく」という名の相棒。そばにいるのが当たり前だったから気付けなかった、あの頃の「ふろく」の魅力を、「昭和的ガーリー文化研究所」所長のゆかしなもん(通称・ゆかしな)がお届け☆

 70~80年代の少女漫画雑誌(「なかよし」(講談社)、「りぼん」(集英社)など)のふろくに付いていると超テンションが上がったものの1つが、「児童用トランプ」だった。

 当時のふろくといえば「紙もの」が主流だった時代で、「ときめき6大ふろく(はあと)」とか「キラキラ10大ふろく☆」とかっていう魅惑のキャッチコピーで、娯楽に飢えた田舎もんのブ少女・ゆかしなの物欲をアオりにアオっていたのだ。シールやレターセット、ノート、メモ帳など、あらゆる紙ものふろくが手を変え品を変え大量にリリースされていた、ただでさえ神がかっていた時代に、「トランプ」を手にした時の、あの感動はちょっと忘れられない、今でも。

 歴史的に振り返ると、「なかよし」において、あの『キャンディ・キャンディ』のトランプが付録として付いたのも、「りぼん」に「陸奥A子のファンタジック・トランプ」が付いたのも、奇しくも同じ1977年(昭和52年)のことだった。キャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と引退宣言をした、あの年である。それ以降、一躍人気ふろくとしてスターダムにのし上がっていった「トランプ」は、「捨てられないふろく」の代表選手になっていった。

 捨てられない理由は、絵柄のクオリティに尽きる。「トランプ」絵師になれるのは、その雑誌を代表する超の付く人気作家だけだったから、信者(=ファン)にとっては涙モノのお宝。しかも、同じイラストがひたすらプリントされただけの市販のキャラクター・トランプの類とは違い、その多くは1枚1枚描き下ろしだったんだぜ!!! トランプ52枚+ジョーカーのみならず、予備カードにいたるまで合計54枚!!! ただでさえ連載や増刊号の短編の執筆などでお忙しいさ中に、カラーで描き下ろしイラストだなんて……!! なんて贅沢な時代なんだよ(怒)!

●「りぼん」1979年8月号「陸奥A子のジョリー・トランプ」

Ako.jpg

 メルヘン上等! な70年代テイスト。ケースもカワユイです。これ、同じ号のふろくのA子タンの「ウォールポケット」に、すっぽり収納できるようになってるの。

●「りぼん」1980年8月号「小田空の空くんトランプ」

sora.jpg

 ゆかしなが愛してやまない、永遠のハートウォーミング・メルヘンまんが、『空くんの手紙』(小田空先生)の柄!! 空くん、うさぎ、ゴジラ、うそつき虫etc……がいっぱい出てくる~☆ 残念ながら、後期の人気キャラ・黒白猫のまれにゃ(まれすけ)は不在。まれにゃがまだ主要キャラとして登場していない頃の遺物なのだ。

●「りぼん」1981年1月号「小椋冬美のファッショナブルトランプ」

huyumi.jpg

 小椋冬美先生のまんがはとにかくオシャレで、ストーリーも大人っぽかった~。でも、ちゃんと乙女でキュンキュンする部分もあって、大好きでした。こちらは「ロックンロール」がテーマなトランプ。デフォルメのイラストもカワイイし、色使いがめちゃキレイ!!!

●「りぼん」1982年12月号「池野恋のランゼアニメ・トランプ」

ikenokoi.jpg

 もはや説明不要、世代を超えて愛される少女まんがの名作、『ときめきトゥナイト』(1982年7月号から連載開始)。こちらはアニメ化(1982年10月)開始直後に出されたトランプ。原作絵とアニメ絵の混合パターン。それにしても、初期の絵、神すぎだろ!!!

●「りぼん」1983年12月号「ランゼ・ポー・茜・りおのアイドル4トランプ」

foursent.jpg

 漫画家単体の描き下ろしトランプの時代から、人気者4人のユニット型トランプの時代へ。ランゼ(江藤蘭世『ときめきトゥナイト』)、ポー(『銀曜日のおとぎばなし』)、りお(梁川りお『月の夜 星の朝』)、茜(東茜『かん忍!!茜』)という、当時の「りぼん」を代表する人気ヒロインが「セイントフォー」のように集結した豪華版。ジョーカー担当は『銀曜日のおとぎ話』のポー様。こんな可愛いジョーカー、見たことねーし!!!

●「りぼん」1990年8月号「ちびまる子ちゃん・アニメトランプ」

maruko.jpg

 80年代ではないけど、「りぼん」を代表するキャラクターゆえに紹介。アニメが始まったのは1990年1月。その年の秋には最高視聴率39.9%を叩き出す、まさに国民的アニメになっていた。そんな、ブーム絶頂期のふろく。ケースに窓が付いており、テレビ画面のようなデザインになっているのがユニーク。中身は全部アニメ絵(カードの裏だけが原作絵)。

 ゆかしなは主に80年代「りぼん」の読者、いわゆる「りぼん乙女」だったので、持っているものも、その時代のものが中心。ふつうに「ババ抜き」したり、「トランプ占い」してたわ~、恋なんて叶ったためしなかったけど、アハッ☆

 こうして見ると、夏休みとか冬休みとかの、長期休暇に突入する前に、目玉ふろくとして「トランプ」が付いてることが多いみたい。ちゃんと、女の子のニーズを分かってるよね。さっすが、「りぼん」だネ☆

ゆかしなもん
主に70~80年代の昭和ガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」所長。小学30年生でもある。2010年より、同名の武露愚(ブログ)をスタート。2012年5月、初のイベント『ゆかしなEXPO』を東京・東中野にて開催し、伝説の(?)ガーリー博覧会となる。次なる野望は、昭和アニメの祭典『ゆかしなまんがまつり』開催☆

イチオシ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー