今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

女子アナの穴埋めにもなれない、菊川怜の現在地

kikukawarei02.jpg
『菊川怜の数学生活のススメ』
(日本文芸社)

◎朝っぱらから解せない思い
 『とくダネ!』(フジテレビ系)のMCが、中野美奈子アナから菊川怜に。なぜ今、菊川怜。女子アナ全員「あそこに行くくらいなら辞めます」となり、日テレみたいに次々辞められちゃ大変と、苦肉の策で外部タレントを公認にしたんじゃないか。中野美奈子も、『とくダネ!』に行かされなければ、もうちょっとフジにとどまっていたかもしれないしな。

 それはわかるがなぜ菊川怜。

 今「朝の情報番組の女性キャスター」の候補を考えるとしたら、「菊川怜」はホワイトボード8枚目くらいまで行かないと出て来ない名前だと思う。ま、実際に放送を見てみると、仕事ほとんどなんにもやらせてもらってないわけだが。オスカーから遊びに来たお飾りさん扱い。

 だからって、『とくダネ!』のオフィシャルサイトのどこにも、名前も写真もなにも出てないってのは、すごいと思う。お飾りにすらなってない。番組による堂々の「おみそ扱い宣言」ってことなのか。

◎俊敏なさゆりに興味大
 吉永小百合主演映画『北のカナリア』、鋭意撮影中。本当に、高倉健と吉永小百合は「主演しかしない」ってことで、なんか周りが気ィ遣うよな。2人ともカテゴリーとしてはもう「お年寄り」の範疇なんだけど、絶対に老人役はさせられないし。高倉健は「ムショ帰り」って設定にすれば何歳でもイケるけど、吉永小百合はなぁ。「歳は取ってるけど、おばあちゃん感は感じさせない役で主人公」って苦しい。その苦しい設定の中で、毎回なんとか話をヒネり出さねばならない。うーん。

 元教師役を演じる今作は、ものすごく高い塔に上るシーンをスタントなしでこなすそうで、吉永小百合は体力作りに、シャドーボクシングをやってるそうな。吉永小百合がシャドーボクシング……。「えいっえいっ」的な猫パンチなのか、はたまた結構本格的に「シュッ、シュッシュッ」と入ってるのか。あー、見てえ。映画よりそっちの方に興味津々である。

◎私を憂国させる男・輿石
 政治には興味もないし、よくわからないのだが。1つ気になるのは輿石幹事長の容貌である。

 皮膚は黄色く乾き、目の下はドス黒く変色。落ちくぼんだ目は濁り、口の中も赤身のない茶褐色。顔一面は斑点で覆われている。前は見るたび「死相が現れてるなぁ」と思ったが、今はもうそれ通り越して「死んでる人が動いてる」ようにしか見えない。そう、輿石幹事長は「実写版ゾンビ」。わー。食われるー。でも大丈夫。人食う前に主人公に頭撃ち抜かれちゃう雑魚キャラ系だから。

 本当に、こんな生ける屍みたいなのに、政治を任せてていいのだろうか。とちょっと今回、社会派風にまとめてみました。どこが。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー