処分に甘いのは意外にも……

日本テレビ・馬場典子アナとフジテレビ・長谷川豊アナ、不祥事対応の温度差

nittere02.jpg
日本テレビHPより

 2010年9月より米・ニューヨーク支局に勤務していたフジテレビの長谷川豊アナウンサーが、「滞在関連費用の不正使用があった」として業務規定違反を理由に降格処分を受け、12日付で本社付となった。また、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、日本テレビの馬場典子アナウンサーの“横領疑惑”が報じられた。人気アナウンサーによる金銭絡みの不祥事発覚であるが、両局ではまったく正反対の対応が行われていた。

 長谷川アナは1999年にフジテレビに入社し、これまでスポーツの実況や朝の情報番組『とくダネ!』などで活躍。堅い表情でニュースを伝える一方、近年は毒舌キャラの一面が、にわかに注目を浴びていた。

 画面からも生真面目そうな雰囲気が伝わってきた長谷川アナだけに、今回の“使い込み”は衝撃的なニュースとなった。金額は公表されていないが、既に全額が返済されており「刑事告訴などは検討していない」(フジテレビ広報部)という。公式HPのアナウンサー名鑑からも名前が削除されるなど、同局の対応の早さも目立った。

 一方、情報番組『ZIP!』などに出演している日テレの馬場アナは、昨年プライベートで行った夏の海外旅行に掛かった飛行機代や宿泊費などの領収書を、ある実業家の男性に渡し、現金20万円を受け取っていたという。

 さらにこの時の飛行機代は、なぜか別の知人が支払い、馬場アナは予約していたエコノミークラスの席をキャンセルして領収書だけを入手していたという。つまり馬場アナはタダで飛行機に乗り、小遣い稼ぎまでしていたと文春は報じている。

 しかし日テレは、この事実を把握しながら馬場アナを処分せず、それどころか木村優子アナウンス部長が関係者に説明して回るなど“モミ消し”に奔走していたという。同誌の直撃に馬場アナは「その件には対応できない」と口を閉ざし、その日も冷静にニュースを読んでいたという。

 ところが、報道の前日までは通常通り出演していたものの、14日放送の『ZIP!』に馬場アナは欠席、その理由も説明されていなかった。前日に結婚発表した松田聖子の映像が流れた際にも、インタビュアーだった馬場アナが映り込まないよう、VTRが再編集されていたのだった。

「マスコミにバレる前に処分を行い、自ら公表したフジに対して、日テレは揉み消しに奔走、週刊誌にすっぱ抜かれるや今度は慌てて出演を見送り。現在熾烈な視聴率バトルが報じられている両局ですが、不祥事に関する対応では、日テレは少々甘すぎたと言わざるを得ませんね」(週刊誌記者)

 フジによれば長谷川アナは本社勤務付となったが、馬場アナは今後どうなるのか。日テレの下す処分が待たれる。

『ベスト・ヒット!日テレ55 ソニー・ミュージックエディション』

馬場ちゃんの闇、サイ女向きだと思うんだ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
もはや日テレへの嫌がらせ? テレ朝『モーニングバード』司会に夏目三久
嵐との共演も? 日テレの切り札・櫻井舞、先輩アナウンサーとの交際情報
日テレが「AKB48ネタはNG」指令! ついに身内から火の手が上がった!?
日テレがフジを抜いて年間視聴率三冠王達成! 大みそかのフジはテレ東以下!?
フジテレビ、女子アナリストラ計画が発動! 「年内5人が内定」!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー