修羅の国に戻ってきました

あの大物V系アーティストとの交際は? 吉田里深がひっそり復帰

yoshidasatomi.jpg
吉田里深公式ブログより

 90年代にグラビアアイドルとして活躍した吉田里深が、ひっそりと芸能活動を再開していたことがわかった。今年2月から開始された公式ブログでは、仕事の話や日常の出来事を綴っており、当時のファンからも復帰を祝うコメントが寄せられている。

 しかし、4月25日付で更新された記事では、現在の所属事務所からのお知らせとして「日記にコメントを頂く場合なのですが、他社様所属のタレント及びアーティスト様のお名前は出さない様お願い致します」との注意書きが記されている。「思わぬ所で他社様にご迷惑をおかけしてしまうことを避ける為」としているが、一体どういうことなのだろうか。

「吉田は1996年、現役女子高生水着アイドルとしてグラビアデビュー後、そのルックスやテレビ番組などで見せる、気怠いキャラクターが人気となりました。しかし人気絶頂の1998年、ビジュアル系バンド『PENICILLIN』ボーカルのHAKUEIとの交際が写真週刊誌に報じられた。当時『フライデー』(講談社)でふたりが取材に応じ、吉田が歌手デビューをHAKUEIがプロデュースすることになり、その中で互いに恋愛感情が芽生えたと認めていましたよ」(週刊誌記者)

 そして翌年8月にはHAKUEIプロデュースでCDミニアルバム『Fairy Tale』をリリースし、吉田は当時PENICILLINが所属していた「ティアーズ音楽事務所」に移籍している。

 さらに2000年11月には、再び吉田の名前が衝撃的な形で世間に登場する出来事が起こった。自宅の地下室で「覚せい剤パーティー」を行い、覚せい剤取締法違反で逮捕された三田佳子の次男・高橋祐也との交遊が発覚。同じくグラドルの嘉門洋子とともに薬物乱交パーティーに参加した疑いがあると実名報道されたのだった。

 当時吉田は「未成年だったとはいえ、軽率でした」と会見で釈明し、互いに家に行ったのは1度だけで、覚せい剤吸引や乱交パーティーへの参加については全面否定していたが、その後の露出はまったくと言っていいほどなくなってしまった。

「こうした経歴を持つ吉田だからか、所属事務所から異例の注意書きがほどこされたのでしょう。しかし表舞台に再び戻ってきたわけですから、HAKUEIとのその後や、薬物パーティーについて触れられるのは致し方ないことなのかもしれません」(同記者)

 現在吉田のブログでは、雑誌のインタビューや撮影を行っていることなどが綴られており、当時の話は本人としても避けたいところだろう。波乱に満ちた当時の芸能活動について、いつか語ってくれる日はくるのだろうか。

『バンギャル ア ゴーゴー(2)』

敵に回すと怖い生き物、バンギャとジャニオタ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
バーニング系列から再始動! 元Jr.の少年隊・植草の長男・樋口裕太
「格差とか感じたこともない」高岡蒼佑、Twitterで宮崎あおいを痛烈批判
音楽界も二世が続々! エイベックスが画策中のあの大物アーティストの娘
工藤静香が「二科展」特選入賞! アーティスト・静香ってどれくらいスゴイの?
岡村靖幸の完全復活に、松BOWこと松岡英明が「なんで連絡してこないんだ」!



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

あの大物V系アーティストとの交際は? 吉田里深がひっそり復帰のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 吉田里深芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!