しいちゃんの芸能解説講座【裏】

工藤静香が「二科展」特選入賞! アーティスト・静香ってどれくらいスゴイの?

shizuka.jpg
『Shizuka Kudo 20th Anniversary
the Best』/PONYCANYON INC.

編集S 読者のみなさん、こんばんは~! 今日はデコトラの聖地、宮城県・石巻漁港からお届けしていま~す。なぜ、出張しているかっていうともちろん、工藤静香が東京・国立新美術館で開かれてる二科展で特選入賞したお・い・わ・い☆ すでに静香のデコトラは絶滅の危機にありますが、漁港のオジサンたちも「静香のために今日は無礼講だ」と言って、酒を勧めてくださいました。ただ、ワタクシ自身二科展ってよく聞くけど、どんな展覧会か全く存じ上げておりませーん。

しいちゃん 「白鶴 まる」で出来上がちゃったSの代わりに二科展を説明しますと、1914年、文部省展覧会(文展、現在の日展)の審査に不満を持った画家たちが美術団体「二科会」を結成したのが始まり。今は、絵画部、彫刻部、デザイン部、写真部があって、一般から作品を公募してる。たとえば、絵画は15歳以上なら、出品料8,000円で誰でも応募できるよ(今回の例)。工藤静香は、90年に初出展してから99年まで10年連続で入選。出産・育児で一時中断したものの、06年から復帰し、今回で15度目の入選。特選入賞は今回が初めて。一般応募3,007点中、特選は25点だけなんだって。

編集S やだ~、静香がすごいのは眉毛の変遷だけじゃなかったのね~。

しいちゃん でも二科展に入選した芸能人ってけっこういるのよ。八代亜紀に五月みどり、雪村いづみ、石坂浩二は特選入賞してるし。芸能記者サンによると、「二科展はPR効果を狙って芸能人を積極的に入選させていると言われている。一部の画家からは批判の声も絶えない」そうよ。確かにねぇ~、あたちも工藤静香の絵、よく分かんないワ。最初見た第一の感想は「デカいっ!」だもん。鼻のあたり(笑)。

編集S そろいもそろって、酒が強そうな面子ばっかり入選しているわね。入賞の基準は絵じゃなくて、いかに日本酒が飲めるかなんじゃない。そしたら、八代亜紀は俄然有利よね。あぶったイカだけで、何時間も飲めるんだから。そんな中で、静香もよく頑張ったわよ。夫の木村拓哉もさぞ喜んだでしょうね。

しいちゃん お祝いにキムタクと子どもと焼き肉を食べに行ったって。せっかくのお祝いなんだから、もうちょっとシャレたものを食べに行くのかと思ったら、焼き肉ってところがキムタク流?

編集S いいじゃない。キムタク一家がきったな~い、ホルモン屋でつついてたら好感度アップよ。そういえばドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)でも、キムタク演じる社長がデートで中華屋の餃子定食を食べに行ってたっけ。

しいちゃん ああ、あのロケに使われた都内の中華料理店にはファンが殺到してるって話よ。その割には視聴率はふるわなかったらしいけど。そんなキムタクドラマが低調なまま終わった7月上旬、工藤静香は子ども二人を連れてパリに行ってたってよ。芸能記者サンによると、「子どもたちの留学を考えているらしい。芸術の才能を磨くためとか」だってさ。

編集S 芸術のために、フランス留学って明治・大正時代じゃないんだから。でも、静香って教育熱心なんでしょ?

しいちゃん そうそう。娘をインターナショナルスクールに通わせてて、自分も「子どもの将来の可能性を広げるために英語を勉強し始めた」とかで、今じゃ日常生活でも英語を使うことが多いそう。ダンナにも、せめて挨拶だけでも通じるように英語教育してあげて~。

編集S 去年の紅白の話、まだ引きずる!?

しいちゃん 工藤静香ってさ、自称料理上手らしく、「うどんを粉から作った」「肉まんを皮から作った」ってよく言ってるんだよね。オーガニック野菜にも凝ってて、わざわざお高いお野菜を通販で取り寄せているとか。

編集S オーガニックって騒ぐヤツは認めないよ! そこまで言うんだったら、粉から作ればいいじゃない! っていうか、アタイら知ってる静香はそんなキャラじゃない!!

しいちゃん もちろんヤンキーテイストも健在よ。自らデザインしているジュエリーブランドでは、スカルとかコウモリ、クモ、日本刀がモチーフになってるものがたくさん。一つ300万円以上のスカルリングもあるわよ。えいちゃんおひとつどう? 工藤静香の感性を見習えば、キムタクみたいな男をつかまえることができるかもよ。

編集S でもキムタクの前は、YOSHIKIだったってこと、アタイ忘れてないから~!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー