上下関係も大事!

檀れいが大河現場で一流気どり!? 松田聖子や杏にダメ出し

danrei.jpg
『八日目の蝉』/NHKエンタープラ
イズ

 女優・檀れいがNHK大河ドラマ『平清盛』の撮影現場で共演者の女優陣にダメ出しを連発していると「女性自身」(光文社)が報じている。

 檀といえば、宝塚出身で芝居はもちろん歌唱力、ダンスにおいてもレッスンを積み重ねてきた実力派女優。そのためか、彼女はすべてにおいて自分が一番だと自負しているようで、スタッフも檀の扱いには困り果てているのだとか。またプライベートでは2011年7月、及川光博と電撃結婚したことも話題に。

 同誌によると、檀はスケジュールが優先されるなど現場で”超VIP待遇”されている松田聖子にライバル意識を燃やしており、松田の演技について「あれでも練習したんですかね」などと陰でダメ出しをしていたという。

 松田演じる「祇園女御」は、歌舞音曲の名手で踊りや生歌のシーンもあることが放映前から話題となっていた役だ。しかし、この役はキャスティングの段階では檀の名前が挙がっていたのにふたを開けてみたら松田に決定していたという経緯があり、そのことに檀が納得していないそうだ。

 また、檀は松田だけでなく共演者の松雪泰子や杏に対しても演技や役作りなどについて口出しをし、女優同士のトラブル連発で現場には不穏な空気が立ち込めているという。

 共演者同士のトラブルといえば、最近では同じく「女性自身」が、沢尻エリカの5年振りのスクリーン復帰作となる『ヘルタースケルター』の撮影現場に「二日酔い」で遅刻し、寺島しのぶが激怒したという話を掲載している。遅刻したにもかかわらず謝罪の一言もなしという沢尻の身勝手な言動に寺島も「何様なの!」と激怒したとか。女優同士ではプライドのぶつかり合いも多く、撮影現場ではこういったトラブルが頻出することもあるようだ。しかし、壇の人となりについては気難しい女優というよりは「思ったより気さくな人」といった声も多い。

「あるドラマの打ち上げでご一緒しましたが、共演者だけでなく若いスタッフにまで丁寧に対応していて、好印象を持ちました。近くの席には仲間由紀恵さんがいましたが、みな吸い寄せられるように檀さんの席の周りに集まっていて、仲間さんの周りには誰もいないほどでしたよ」(芸能プロ関係者)

 また謎に包まれているというプライベートに関しても「ダンス教室に長年通っていて、教室のなかでも熱心な生徒さんと評判になっていて発表会に出席することもあるそうです」(スポーツ紙記者)という話も。今回の「ダメ出し」報道も、檀が仕事に賭ける熱意が故の事だったのかもしれない。視聴率ばかりが取り沙汰される『平清盛』だが、プロ意識の高い舞台裏に思いを馳せて視聴するのもよいかもしれない。

『八日目の蝉 DVD-BOX』

ヒスババアって陰で呼ばれるぞ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
檀れい&及川光博、突然の電撃婚に業界からは「あの手法!?」の声
及川光博、ほとんど同居というより別居確実? 浮気報道より怪しい動き
公私共に絶好調!? 及川光博、真の”相棒”に事後報告で失格処分?
そこまで追ってなぜ? 「女性自身」の及川光博・浮気報道に手打ち疑惑
同じマンションに別部屋用意!? 空港で破局!? どこも報じなかった芸能人の恋愛

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!