今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ココアを飲んでホッとする水嶋ヒロに胸がざわめく、その元凶

mizushimahiro04.jpg
表現者活動はいつから?

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ストレスなさそう
 妻・絢香の歌にのせて、うっとりとココアを飲み、「これが一番ホッとする」とつぶやく、水嶋ヒロの森永のCM。ホッとしてんのは絢香と水嶋ヒロだけで、見てるこちらは一ミリもホッとできやしない。なんかムズムズする。いや、もしかすると絢香も既に「ムズムズ派」なのかもしれん。腹の底からホッとしてんのは水嶋ヒロだけ。水嶋ヒロって、また一ダンジョン「鈍」のオーラが増したよな。早く新作書かないかなぁ。それでいろんなテレビ番組に宣伝で出て、皆に内心「ぷっ」とされながらヨイショされ、本人だけその空気に気付かないという、あの「鈍も極まれり」状態をまた見たい。ファンもファンでない人も虜にする、水嶋ちぇんちぇいの新作に期待大だ!

◎久々のドラマなのに
 視聴率大豊作の秋ドラマの中で、期待ほどに数字の伸びない『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』(フジテレビ系)。内容うんぬんの前に、あのとって付けたような榮倉奈々のヘアスタイルに食指を動かせなかったって人が、意外と多かったんじゃないだろうか。いかにも「この後ショートヘアに移行します」的な、年月経過をわかりやすく目立たせるためだけの無理矢理ウィッグ。今時、田舎の女子高生でもあんなヘタなエクステしないって。「横浜のメリーさん」ばり。ウィッグというより、完全にヅラ。榮倉奈々だから何も言わなかったんだろうけど、あれ北川景子に付けるっつったら、大暴れしてたと思う。

◎無敵艦隊・一代
 松居一代のスパークが止まらない。始まりは、別居報道を受けての囲み会見。「携帯をこう、(折るジェスチャーをしながら)ポキッポキッと。もう数えられませーん」「大鍋でグツグツ煮たり」「女性の方からのメールは全て私がお答えしておりますの」「(もしも夫・船越英一郎が浮気したら)私、刑務所に入る覚悟でおります(殺すってこと)」てな話を、すべて満面の笑顔で。時折「オーッホホホホ」という呵々大笑をつけてた。いやー、目の上のたんこぶだった義理の父母も亡くなり、満を持しての時の声って感じがしたが。「結婚前、主人の親族は全員、歳上・バツイチ・子持ちの私との結婚に反対でした」つってたけど、船越英一郎の親族が反対理由って「歳上・バツイチ・子持ち」の部分より、アンタのそういうとこを危惧したからだと思うんだが。「最期は義理の母も『娘だ』と言ってくれまして」だと。死人に口なし。生きるに勝る勝ちはなし。画に描いたような生き残ったモン勝ち。『ブラマヨ衝撃ファイル 世界のコワ~イ女たち』(TBS系)も、「おネエだらけスペシャル」なんてヌルい企画でお茶濁してないで、松居一代を特集しろよ。二時間スペシャルどころか、カメラ仕込んでリビング生中継すれば、年末の年またぎ特番もイケると思う。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『美魔女コンテスト』の直球すぎるネーミングが喚起するもの
やりすぎた? 木村拓哉のニコンのCMから漂うアノ人の影
元極楽とんぼ・山本の復帰待望論の陰でひっそりと復帰を図るあの芸人

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク