[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

ゴールデン初進出『関ジャニの仕分け∞』、好調スタートでもファンの声は……

kanjani03.jpg
初回は及第点でホッとひと安心?

 9月より、全国ネットのゴールデンタイムに初進出した関ジャニ∞の冠番組『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)。10日に放送された「初回2時間スペシャル」の視聴率が13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。

 今回、関ジャニ∞が進出を果たした土曜20時台は、裏番組として人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)や『世界一受けたい授業』(日本テレビ)が放送されており、「数字のとれない」厳しい枠とされてきた。

「かつて同局で放送され、スピリチュアルブームの火付け役となった『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』も、深夜からこの枠へ進出してからは視聴率が12%前後から1桁台へと低迷。また、前番組である城島茂司会の『ガリレオヒット脳研』も、何度もリニューアルを繰り返しつつ平均的には5~7%前後をうろうろする状態でした。初回で13.2%はまずまずの成績と言えそうです」(芸能記者)

 同番組は、水曜深夜にテレビ朝日ローカルでスタートしたもの。4月にスタートし、わずか5カ月でゴールデンに昇格したということも話題になっていた。深夜枠では、7人が世の中のあらゆるモノを「ある・なし」「できる・できない」に仕分け、司会者のアナウンサーがツッコミを入れる……という形で進められていたが、ゴールデン進出後はゲストチームと対決する”仕分けゲーム対決バラエティー”へと一新。

 肝心の関ジャニ∞ファンからは「初回はゲストに支えられてなんとか持ったって感じでしたが、企画が間延びしているというか……。このペースだと『めちゃイケ』には絶対勝てない」「『ジャニ勉』(※関ジャニ∞のジャニ勉、関西テレビ)が進出してくれた方が良かった」「関ジャニ∞、ひとりひとりの良さがまったく活かせてない」など、厳しい声も挙がっている。とは言え、幅広い年代の視聴者を獲得するためには致し方ないところか。

 ちなみに、この日は強敵『めちゃイケ』の放送がなかったことも勝因のひとつと見られ、次週以降の視聴率の動きも気になるところ。関ジャニ∞の全国ゴールデン進出はありか、なしか!? 答えが出るのはもう少し先になりそうだ。

『ツブサニコイ(初回限定盤) [CD+DVD]』

茂の後番組をよろしく頼むよ

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「もう後ろを振り返りたくない」内博貴、NEWS&関ジャニ∞と決別宣言!
中山優馬、堂本剛の部屋も! 立てこもりマンションの実態が明らかに
チケット定価割れでも”ポストSMAP”!? Kis-My-Ft2を支える強力布陣

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!