[女性誌速攻レビュー]「AneCan」6月号

「『女子』でごまかすな」女子力でから騒ぎする「AneCan」にミッツが指摘

「『女子』でごまかすな」女子力でから騒ぎする「AneCan」にミッツが指摘

 創刊5年目、「AneCan」(小学館)の表紙は押切もえとIKKOのツーショット。微笑む二人をバックに「女子力って、何だ!?」という唐突な問いかけのキャッチが......。これを見て、筆者が瞬間的に覚えたのは危機感でした。ついに、流行りのオネエタレントの力を表紙に借りなければ人の目を引くことができなくなるほど「AneCan」は弱体化してしまったのでしょうか!? 思えば、蛯原友里が姉妹誌「CanCam」(同)から移籍してきた当初は、"脱エビちゃん"を目指す誌面の苦心が見えていたのですが、最近は、もえ&エビの万年マンネリコンビ+高垣麗子で全く目新しさがない上に、はしゃいだポージングも見ているだけで悲しくなっていました。IKKOを客寄せパンダ的に表紙に採用したのも頷けます。久々に「AneCan」レビューを発信しなくては! という使命感にも似た想いに駆られ、雑誌を手に取りました。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「『女子』でごまかすな」女子力でから騒ぎする「AneCan」にミッツが指摘のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! AneCan・女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  3. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  4. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  5. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  6. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  7. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  8. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  9. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  10. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  11. ラルク20周年展をファンが批難
  12. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  13. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  14. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  15. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  16. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  17. GLAY・TERU、劣化&老化の衝撃画像
  18. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  19. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  20. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  3. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 高島彩「Domani」で優等生発言
  5. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり