スポーツ新聞で喜んじゃう!

「女王がここまでやるなんて……」結婚報道にご満悦の浜崎あゆみ

hamasakialbum.jpg
『Love songs』/avex trax

 オーストリア出身の俳優マニュエル・シュワルツと電撃結婚した浜崎あゆみが”確変中”だ。元旦早々、ツイッターで結婚を発表し、縁起が良いと言われる新年1発目のスポーツ紙をジャック。そのまま一気に、米・ラスベガスで挙式し、名実ともに夫婦となった。しかし、そのスピード入籍よりも驚くべきは、2人の様子がマスコミに堂々とオープンになっていたことだ。

 テレビ関係者は「今までマスコミを敬遠していたあゆが、今回は打って変わってマスコミの前でラブラブぶりをアピールしていてビックリしました」と語る。実は今回の結婚騒動を”プロデュース”しているのは、何を隠そう浜崎本人だという。

「大みそかにスポーツ紙の担当記者がエイベックスに呼ばれ、そこで浜崎の結婚が伝えられました。スポーツ紙は当然、すでに決まっていた翌日の一面を差し替えて浜崎の結婚を持ってきました。一方で一面掲載をプッシュしていたのはエイベックスの社員。あゆの意向を汲んでのものですよ」(音楽関係者)

 さらに畳み掛けるように、浜崎は関係者を経由してベガス挙式をリーク。ワイドショー関係者は「マスコミは空港で2人が来るのを待つだけだった。あゆはいまだにノーコメントを貫いていますが、その表情から幸せなのが分かる。これで十分」と笑う。浜崎自ら”動いた”ワケは近年の低迷ぶりにある。一時、エイベックスは売り上げの大半を浜崎に依存していたが、今は違う。

「倖田來未ら他のアーティストに比べて、あゆの宣伝費はゼロがひとつ多い。その割に売り上げは伸び悩んでおり、社内ではお荷物扱いする者も出てきた」(レコード会社関係者)

 これに焦りを感じた浜崎が、新曲「Virgin Rord」のプロモーションに自身の結婚を組み込んだという。結果、浜崎の狙い通り、同曲には高い関心が集まった。だが、これに一部の浜崎ファンからは「見ててイタい」「あゆには最後まで”女王”でいて欲しかった」など、複雑な声も……。しかし、当の浜崎はそんなことお構いなしに自身のツイッターで自分の結婚が一面掲載されたスポーツ紙を机に並べた写真をアップ。ご満悦といった感じだが、ある芸能リポーターは「こんな絵作りをあゆがするとは……。プロレスラーや駆け出しのグラドルしかこんなことやりませんよ」と残念そうに語る。さすがに今回のプロモーションは露骨にやりすぎたか。

Love songs(ジャケットA)(DVD付)

このプロモーションなら金もかからない、と

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
オーディションで選んで結婚!? 浜崎あゆみ、今度こそ話題作り大成功?
長瀬智也も加担!? 浜崎あゆみ、外国人男性との華々しい交際歴
追及・美容整形疑惑! あの浜崎あゆみの顔が気になる

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに