『セゾン文化は何を夢みた』刊行記念インタビュー(後編)

セゾン系を受け継ぐ企業は? 意外な韓国企業に文化の遺伝子が!

セゾン系を受け継ぐ企業は? 意外な韓国企業に文化の遺伝子が!

永江 無理矢理なところもありましたけれども。その時は、保坂和志とか、中原昌也、批評家だと佐々木敦......この人たちが実は、かつてセゾングループの現場にいた人たちなんだということをエッセイに書きました。J文学の一部は、実はセゾン系なんじゃないかと。そこで編集者からお話があって、同時代史を書き残しておこうということになったのが最初の構想です。セゾン文化の当事者に話を聞くことになって、特に、堤さんにはどういうことだったのかを聴いておきたかったし、セゾン文化の中心を担っていた文化事業部部長の紀国憲一さんに至っては肉声が表に出ていないので、残しておきたかった。この本は、とりあえず自分のけじめとして記録しておきたかったものです。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

セゾン系を受け継ぐ企業は? 意外な韓国企業に文化の遺伝子が!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!