「egg」「smart girl」創刊者・米原康正氏に聞く!(前編)

ハーフブームももう終わり? 女子カルチャー衰退の要因を徹底分析!

joseishi.jpg
女子カルチャーをダメにしてしまう元凶は、意外なところに……

 宝島社の「sweet」に代表される青文字系雑誌(※1)の勢いが、「CanCam」などの赤文字系雑誌を抜くなど、女子カルチャーはこの1年で驚くほど急激に変化してきた。

 思い返せば、ギャル系雑誌「egg」が創刊され、社会現象とまで言われたギャル文化を創り出したのが1995年のこと。その後、「JJ」の”神戸系エレガンス”が大ヒットしたかと思えば、「CanCam」の”東京エレガンス”は専属モデルの蝦原友里の人気とも相まって社会現象となり、発行部数70万部を超すモンスター雑誌に成長した。しかしそんな「CanCam」も、「ViVi」の勢いに押され、半年と経たないうちに発行部数が約半分ほどまでに落ち込んだと言われている。

 このような、女子カルチャーの急激な変化の裏にあるものはいったいなんなのか。また、今後女子カルチャーはどこへ向かおうとしているのか。「egg」や「smart girl」の創刊に携わり、日本の女子カルチャーを最前線で見つめてきた編集者兼フォトグラファーの米原康正氏に話を伺ってみた。


今や「CanCam」の誌面はオヤジ雑誌のグラビアに見える

――この1年の女子カルチャーの急激な変化を、米原さんはどのように見ていますか?

米原 「CanCam」は、もうアレは自滅だね。男にモテる事を追及していって、行き着いた先が今のオヤジ雑誌のグラビアみたいな誌面でしょ? なんて言うか、男性のエロ本みたいになっているよね。今は勢いのある「sweet」も、遅かれ早かれ同じような運命をたどると思うよ。日本の場合、ストリートに生まれたブームがカルチャーになる前に、オヤジ達の商業主義に飲み込まれて消えていっちゃうんだよ。だからカルチャーが根付かない。

――それは、具体的にはどのような現象なのでしょうか?

米原 たとえば、「egg」のつくったギャル文化の場合、その本質的なカルチャーが広まる前に、「援助交際」みたいな下世話な部分ばかりがマスコミに取り上げられて、広まっていってしまった。それで地方の子なんかは、ギャル=”エンコー”してオヤジ相手に売春しているのがカッコイイみたいな、歪んだ情報を鵜呑みにしてしまったんだ。実際にはエンコーなんてしている子、東京にはそんなにいなかったのに。そのせいでギャル文化は社会問題のように扱われ、廃れていってしまった。

――そのような歪んだ報道が行われてしまったのは、なぜなんでしょう?

米原 ”とりあえず今流行っているらしいから”という理由だけで、女子カルチャーの事を何も理解していないようなマスコミや企業が群がってきたのが、そもそもの原因だと僕は考えている。自分たちが視聴率や収益を上げやすいように都合よく情報を歪め、インパクトのある部分だけを切り取って世に流してしまった。ほら、流行っているからとりあえず盛り込んどけ!と思って企画作っている人とか、まさにそういうタイプだよね。

――歪んだカルチャーの先には、何が起こるんですか?

米原 最初の頃はクラスでもイケている子たちのものだったカルチャーが、ブームとなって広がると、そうでない子たちも参加するようになる。女の子は自分を少しでも可愛く見せたいんだから、イケてない子たちと一緒の服装はしたくないよね。だから、可愛い子は逃げちゃって、カルチャーが廃れてしまう。その繰り返しだね。あと雑誌側も、カルチャーが広がるにしたがって「コレを買って、コレを着ればOK!」みたいな企画ばかりになるでしょ。服装とか外見的なことだけじゃなくて、そのカルチャーの背景やマインドを伝える方が先なのにね。今のハーフモデルブームだって、2009年にはもうアウトだと思うな。
(後編に続く)

(※1)「JJ」「CanCam」」「ViVi」「Ray」の4誌を合わせて「赤文字系雑誌」と言っている事に対抗して、「sweet」や「spring」などガーリーでカジュアルなファッションを掲載している雑誌の事を「青文字系雑誌」と呼ぶこと。

【関連記事】 編集部ご立腹? 山田優も卒業で、どうなる「CanCam」の未来
【関連記事】 イジリ過ぎ? 30歳の浜崎あゆみ、表紙&インタビュー
【関連記事】 “エビちゃん”封印!? AneCan版・蛯原友里の新境地とは

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク