[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

“美人過ぎる●●”に!? 山下智久の妹が女子アナを諦め、思わぬ職業に

yamashitarina.jpg
山下莉奈オフィシャルブログより

 NEWS山下智久の実妹で、日本大学藝術学部に通いながらグラビアアイドルとして活動していた「莉奈」こと山下莉奈さん(22)。05年、週刊プレイボーイが実施したミス・コンテスト「ミス週プレ」の準グランプリを受賞し、08年には「ミス日芸コンテスト」にノミネートされるなど(既報)その美しさは以前から話題となっていた。09年にはエイベックス・マネジメントに所属し、タレント業を本格化すると思われていたが、なんと今年3月の大学卒業を機にすっぱりと芸能界から”卒業”。「事務職で就職しました」などと自身のブログで明かしていた。

 そんな彼女がいま、思わぬところで話題になりつつある。それは、華やかな芸能界とは一線を画した政治の世界だ。

「もともとはアナウンサーを目指し、民放各局の試験にチャレンジしていた莉奈さんでしたが、残念ながらすべて落ちてしまいました。その後、就職活動を続け、今年の4月から鳩山邦夫元総務相の秘書として働いているようです。美人で華やかな雰囲気を持ちつつも、どこか落ち着きもあり、社交的で礼儀をわきまえていると評判も良いみたいですよ」(女性週刊誌記者)

 現在は邦夫氏の息子であり、新党改革の比例代表から立候補した鳩山太郎氏の選挙スタッフとして選挙運動に協力している莉奈さん。ビラ配りや街宣カーのアナウンスを行なう中で注目を集め、6月26日付の「スポニチ」で「美人すぎるウグイス嬢」として報じられるなど、話題を呼んでいる。

「芸能界にいたころは、何をしても”兄の七光り”と陰口を叩かれてばかりでしたからね。今回の転身は彼女にとってもプラスなのではないでしょうか。どういう動機で議員秘書になったのかは分かりませんが、もともとアナウンサーを目指していたくらいですからキャリア志向は強いはず。『世界一美しい市議』として名を馳せている藤川優里も、数年間ウグイス嬢を経験して議員になる決意を固めたそうです。莉奈さんも何年かマジメに学習を重ねて、いずれは議員デビューなんて可能性もあるかもしれませんよ」(同)

 タレントではなくなった今もオフィシャルブログは継続し、私服やメイク、プライベートの出来事、慣れない接待や仕事への思いなどを素直な言葉で綴っている莉奈さん。時には150件を越えるコメントが寄せられるなど、同年代の女性を中心にいまだに読者の支持を集めている。彼女のビジュアル、そして人を惹き付ける人柄に、日本の政界が着目する日も遠くはないかも?

『女子アナスキャンダル調書』

“期待の新人”になりえたのに~。

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
山下智久の妹・莉奈が、ジャニタレの女遊びの温床に? 
やっぱり美人! あのジャニーズの姉がカリスマブロガーとして活躍?
またやっちゃった赤西仁、錦戸亮とヒミツの韓国旅行写真流出!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー