[連載]だから企業に聞いてみた

“ブルーなレイ”広告は、映画『アバター』のパクリですよね?

bluelei-1.jpg
ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会
公式サイトより

 気になって仕方がない素朴なギモンを直接企業に聞いてみよう、という本連載。

 最近、パッケージとして売られる映像ソフトがブルーレイ版とDVD版の2種類あり混乱している。というのも「ブルーレイ版だけの特典映像」だったり「DVD版がちょっと安い」だったり、ウチだけの問題だが「パソコンではブルーレイが再生できない」などの諸問題があり、どちらを購入すべきか迷ってしまうのだ。映像的な問題以外では、どう考えてもブルーレイを購入する理由が見つからない。そもそもDVD以上の高画質を求める玄人な映像マニアが日本にどれだけいるのだろうか?

「そんなに綺麗に見てどうする!! 見えすぎることによって見えなくなるモノだってあるんだぜ!!」

 と、ちょっと哲学的なことすら思ってしまうのである。もちろん、コンテンツ会社や家電メーカー的には普及率を上げるためにもブルーレイを押したいのであろう。そこに登場したのが「ブルーなレイ」の広告である。皆さんもご存じの通り、女優・菊川怜が全身を青に塗りたくり、全国を失笑させたあの物件だ。最初は『アバター』の広告かな? と思ったが、そうではなく、よく見るとワーナー系列のブルーレイディスクの宣伝であり、調べてみると、ワーナーからは『アバター』のブルーレイは販売されていないのだ。(20世紀フォックスが販売元)

「他人のふんどしに乗っかりすぎ」

 そう突っ込まずにはいられないのだが、これは権利的に大丈夫なのか? 他人事ながら心配である……。うーん、気になる。そこで「ワーナー・ホーム・ビデオ」に直接、聞いてみた。

「菊川怜さんの広告”ブルーなレイ”は、映画『アバター』のパクリだと思うのですが、もろもろ大丈夫なのですか?」

担当者(女性)この度の”ブルーなレイ”というものに関しましては、「ブルーレイ」の”ブルー”とかけて、菊川怜さんがやっていらっしゃるということで、特にその『アバター』との関係に関しては情報がございません。

――明らかに見た目は『アバター』のキャラクターに見えるのですが……

担当者 あくまでも「ブルーレイ」という言葉の”ブルー”からきているとのことでございます。

 強引にねじ込まれそうだ……。もっと切り込んでみよう。

――ワーナーの方から『アバター』のブルーレイは出ていないのに、大丈夫なのですか?

担当者 「ブルーレイ」という言葉から取ったああいった広告の形となっていますので、ご理解いただければと思うのですが。

――では、菊川さんのキャラクターは、ワーナー独自で考案したということですね?

担当者 そうですね、今この場で私が断言することはできかねてしまうのですが……はい。

 『アバター』に似ているのは偶然、ということか。それではちょっと切り口を変えてみよう。

――モデルに菊川怜さんを抜擢した理由は何だったのですか?

担当者 モデルに選ばさせて頂いた進呈理由などに関しましては、一般の方に公表させて頂いておりませんでして、ただ理由の一つと致しましてはー、『ブルーレイ』の”レイ”と「菊川怜」さんの”怜”というところを掛けて、というのも1つの理由としてはございまして、その他にもいろいろ加味した結果、菊川怜さんにお願いしたということになります。

 ダジャレを説明させて、すまん。もう1つ気になったことが。あれはCG処理なのか、実際に塗った青なのか?

――菊川さんは本当に全身を青く塗っているのですか?

担当者 そういったことに関しましても、今、こちらの窓口にお客様にご案内できる情報としてはご用意がございません。

 完全に蛇足であった……。まあ、釈然としないが、まとめるとこういうことである。

「あの広告は『アバター』とは関係がない。菊川怜が青いのは”ブルーレイ”の”ブルー”に掛けただけで、『アバター』の登場人物と似ているなら、それは偶然である」

 そうだったのか、偶然だったのか。なるほど……って誰が納得するか!! あの広告を見て「よし、ウチもDVDからブルーレイに買い換えるか」と思う家庭があるのだろうか? 少なくともウチはDVD派で行こうと強く決心したのだった……。菊川怜よ、なんか、すまん。なんとなく謝っておく。

 引き続き、皆さんの素朴なギモンを募集中です。ディープでインパクトのある、くだらないギモンをお待ちしています。
(酒平民 林賢一)

『アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray] 』

結局3Dに見えるの? 見えないの?

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
モンドセレクションって、どのくらい権威のある賞なんですか?
ハッピーターンの味のバラつきって、なんとかなりませんか?
「政治とカネ」のカネはどうしてカタカナ表記なんですか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー