[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「おバカなのに……」小山慶一郎、ニュース番組抜擢にファンは不安!

koyamakeiitiro01.jpg
慶ちゃんがニュース番組って、ジャニーズの
力が健在な証拠

 29日からスタートする報道番組『news every.』(日本テレビ系)に週1回のレギュラー出演が決定したNEWSの小山慶一郎。ロケ取材にも挑戦する予定で「前向きで明るく生きようとする人たちのパワーを自分の言葉で皆さんに伝えられたら」と意気込んでいる。

 起用のきっかけは昨年放送された『24時間テレビ32』(同)。この番組で小山は耳が不自由な子どもたちとともに「手影絵ショー」にチャレンジしたのだが、その際に学んだ手話を、個人的に学習し続けて手話検定4級を取得。そんな彼の一面に着目した番組側が「番組コンセプトの”みんなが、生きやすく”を若い世代に伝えてほしい」と出演を依頼したという。

 同局では、『NEWS ZERO』の月曜キャスターを務める嵐・櫻井翔に続いて2人目のジャニーズキャスター抜擢。しかし、本人の気合いとは裏腹に不穏な声も……。

「現場では早くもブーイングが出まくってるみたいですよ。『なんとかって大学出てるから決まったみたいだけど、良くわかんないし、使えるの?』って」
(制作会社関係者)

 確かに、ジャニーズファン以外では知名度もそれほど高くなく、俳優としてもMCとしてもいまひとつパッとしない小山だけに、その起用に不安を覚えるのは仕方ないかも。さらに……。

「慶ちゃんの天然……というか、おバカぶりはファンの間では有名なんです。デビューのころに”NEWS”のスペルを”NEUS”って書いちゃったり、『挑戦の挑の字って木へんだっけ?』って聞いちゃったり。ドライブ中に頭が痛くなったときに、病院か薬局を探そうとしてカーナビに”頭痛”って入れちゃったり。そういうところがかわくて好きなんですけど、ニュース番組のロケになんて出て、臨機応変に対応できるのか、ものすごくハラハラしますね」(小山の熱心なファン)

 最近ではそのおバカぶりを逆手にとり、自身のラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)でのコーナー「小山テスト」で常識問題に取り組んでいる小山。「有名なブロンズ像『考える人』を作ったのは?」という問いに「ラッセン!」などの珍回答で番組を沸かせているのだが……。2007年に明治大学の文学部を卒業したものの、学力と”頭の良さ”は別物のよう。ここで新たな旋風を巻き起こすか、はたまた撃沈してしまうのか。小山にとっては、勝負の時となりそうだ。

クリスチャン・ラッセンのポスター *Dolphin Symphony

慶ちゃん、ラッセンってこんな感じだから!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
東方神起に勝てないから? NEWSが新シングル発売日を延期!
ジャニーズなのに主演ドラマがまったく話題にならないNEWS加藤成亮
NEWS小山慶一郎、覚えたての韓国語が通じて「ちょー嬉しい」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  19. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!