[ジャニーズ最新言行録]

NEWS小山慶一郎、覚えたての韓国語が通じて「ちょー嬉しい」

koyamakeiitiro01.jpg
習い事もいいんだけど、けいちゃんを
もっとテレビで見たいな~

 1月半ばに更新されたジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s Web」の連載「メンバー愛」で、「寒い場所に行ってきます」というナゾのメッセージを残したNEWS小山慶一郎。「もしかして新しい仕事?」と色めきたつファンをよそに、その後更新された記事ではあっさりプライベートの韓国旅行だったと告白。最近習い始めた韓国語の腕試しのために企画した、2泊3日の韓国旅行だったそう。さらに、この旅行にはメンバーの加藤成亮も同行していたことが、1日にオンエアされたラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)で明らかになった。
 
「けっこう急だったんだよね。3日後に出発って言われて……」

 そんな急なお誘いにも、フットワーク軽く参加した加藤が目にしたのは、意外にも韓国語を流暢にあやつる小山の姿だったという。

「帰り、空港でキムチ買いたいなってなって、どっか売ってないかなって言ってたら、小山が聞いてきてくれたんだよね」
「ゲート番号聞かれて『31ゲート』って答えたりとか、会話できてるのがすごかった」

 「腕試ししたい」という宣言どおり、臆することなく覚えたての韓国語を駆使し、見事会話を成立させた小山。前述の連載「メンバー愛」でも、

「まだまだ簡単な言葉しか使えないけど、通じました(笑) ちょー嬉しい! モチベーション上がるわ」

 と、テンションは上がりっぱなし。いろいろ収穫のあった旅行だったようだ。

 また、韓国語といえば、思い浮かぶのが事務所の先輩である草なぎ剛。実は小山との縁も浅からぬものがあったよう。

「小山くんがデビュー前に所属していたグループ『K.K.Kity』が、当時チョナン・カン(草なぎ)のバックについていたんです。それで韓国の方にも知られるようになって、ファンレターをもらったりしてたみたいですね。さらに、それが日本語だったことにも感激したとか。今習っている手話もそうだと思うんですが、いろんな人と交流したいという気持ちが、語学へのモチベーションにつながってるんじゃないでしょうか」(雑誌ライター)

 習い始めてまだ1カ月半という韓国語だが、この分だと上達するのも早そう。さらに最近の「メンバー愛」によれば、小山のこの連載を楽しみにしている韓国のファンも多いという。草なぎに続き、日本を飛び越えて韓国でファンを獲得できるか? ワールドワイドな活躍に期待したい。

『韓流スター深イイ話 (OAK MOOK 326) (大型本)』

近頃のジャニタレは六本木より韓国がお気に入りの模様

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
またやっちゃった赤西仁、錦戸亮とヒミツの韓国旅行写真流出!
中丸雄一が増田貴久とハワイへ! メジャーリーガーに間違えられる
「木村拓哉は英語がペラペラ」説の真相を本人が告白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー