女子専用AVのナゾに迫る!【前編】

イケメンAV男優・鈴木一徹クンが○○しちゃう、女性向けDVDに注目!

silklabo-a.jpg
DVD『東京恋愛模様』(シルクラボ)より

 いま、巷の女性から注目を浴びているイケメン、鈴木一徹クンを知っていますか? 昨年夏に発売された「an・an」(マガジンハウス)セックス特集号の付録DVDに出演したことで一気にブレイクした、実はプロのAV男優さんなんです! DVDで見せた女性好みの優しいセックスと、AV男優のイメージを覆すアイドル並みのビジュアルが女子の心を掴み、それまでAVに興味のなかった女性や、セックスレスにお悩みの主婦にまで熱~い支持を受けちゃってるとか!

 そんな一徹クンは、普段はAVに出演してるんですが、実は “女性用DVDメーカー”の『SILK LABO』でも活躍中。一徹クンを筆頭に、おしゃれで素敵なイケメン男子が出演しているという『SILK LABO』。試しにどんなものかと見てみると、AVではお約束の局部アップや、不自然な言葉責めなんぞは見当たらず、カップルのエッチそのものの優しくて甘いイチャイチャ系作品。性欲丸出しのAVとは違う!

 そもそも、どうして女子用DVDを始めることになったのか、女子好みのツボを押さえた作品が作れたのはどうして? と、今回は特別にSILK LABOの撮影現場にお邪魔して、話題の一徹クンと牧野プロデューサーに、女性専用AVの秘密をたっぷりと伺ってきました。こんなの初めて~!

――一徹さんは、AV男優さんとしてデビューしてからどのくらい経つのですか?

鈴木一徹(以下、鈴木)もう6年になりますね。でも女優さんに比べたら男優生命って長いんですよ。細く長くと言う人が多いので、僕なんてまだまだです(笑)

――そもそも男優さんになりたいと思った動機は?

鈴木 単純に可愛い女の子とエッチがしたかったからです(笑)

――本当ですか? イケメンだから相当モテるでしょ?

鈴木 まさかまさか。デビュー当時は浪人生だったし、地味で眼鏡をかけてて全くモテなかったんです。女性には全く縁がないし、それにお金もなくて。当時、1日の使えるお金が500円しかなかったんですよ。そんなんでモテるわけないでしょ?(笑)

――想像できないですね……。

鈴木 デートもエッチもできないから性欲だけが溜まってしまってそれでAVに出てみようと思ったわけです。デビューしたての頃は勉強しながら仕事してたんですけど、普段、抑え込んでた反動なんですかね。気が付いたらこっちの世界にのめりこんでいて(笑)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク