[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

叶井家に”新女王”が君臨! やっぱりココ中心の正月ですよ!

kosodateillust07.jpg
(c)倉田真由美

 ココが産まれて、まだ2カ月。感覚としては、もう半年くらい経ってるような気がしますが、まだ産まれたばかりなんだよなあ。もうね、ココについては毎週書くことがないんですよ! 相変わらず2時間おきくらいにギャーギャー泣くだけ。これと言って新たな変化がまだない状態です。

 妻くらたまは、ココのことを「かわいい!」と連発してますが、オレはまだぶっちゃけそんなにかわいいとは思えないんですよ。泣いてるだけですからねぇ。先日もココを風呂に入れてる時、妻くらたまが「ほら、見てよ! めちゃめちゃかわいいから!」というので見てみると、ただの猿顔だったので「どこが? 全然かわいくないじゃん!」というと、「あんたそれでも父親? 酷すぎる!」とちょっとキレてましたね。だってマジで猿顔なんだからしょうがないじゃん! ちなみに今のところ、くらたま含め、ココを見た人のほとんどがオレに似てると言うんだけど、オレとしてはどこが似てるのか全くわからん。


 そんなワケで、ちょっと古い話ですが、正月に1週間ほど休みがとれました。ちなみに息子のまーは、学校が休みになった翌日から妻の実家の福岡に帰ってしまい、正月はオレと妻くらたまとココの3人だけで過ごすことになりました。そういえば、ココが産まれて妻くらたまと3人で生活するのは初めて。とはいっても、これと言って何か特別なことをしたわけでもなかったですね。ココが泣くので何時間も外出できないし、集中してテレビもDVDも観れないし。と、行動に制限かかりまくりですよ。

 オレは今まで、仕事があるから土日ぐらいしか一日中ココと過ごすこともなかったけど、くらたまはココが産まれてからずっと、家で何もできない状態だったんだなあ、としみじみ感じました。何だか他人事のような感想ですが。なので、「正月休みはくらたまにも子育て休んでもらうおう!」と思い、ココが泣いた時にあやしたり、オシメを変えたり、風呂に入れたり、もろもろ家のことを頑張ってやってみたんですよ! 妻も仕事ありますからね!

 そんな正月ですが、元旦に何もしないのも寂しいじゃないですか。なので、近所の神社に初詣に行ってきました。オレの母親と妹夫婦とそこで合流するということになったんですが、元旦ということもあり、参拝する人たちが行列になっているので、くらたまに「どうするよ?」と聞くと「ハンパじゃないね」「じゃ、あきらめるか!」と2秒で初詣をやめました。そこで、近くのファミレスでお茶しつつ、母親と妹夫婦と落ち合うことになりました。

 10分後くらいにオレの家族が集まってきて、妹の子供たちにお年玉あげたり、雑談で盛り上がっていたら、急にココが号泣! 抱っこしても泣き止まないので、オレが「とりあえず今日は解散しますか!」と切り出し、30分ほどで家に帰ることになりました。そんなワケで、最近はちょっとした外出も、「ココが号泣したら強制終了!」というルールが出来てきました。しばらくはこの繰り返しだろうな。今までオレの中で、こんな解散の仕方はあり得ないと思っていたけど、子どもが泣きだすと否応なしにみんなが納得してくれます。やっぱ赤ん坊が天下ってことですね!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク