お笑い芸人がこっそり明かす 、ホントは仕事したくない女性タレントとは

megumi.jpg
MEGUMI『Besos』(世界文化社)

 むさ苦しい芸人だらけのバラエティー番組の、”彩り”として欠かせないのが女性タレント。このキャスティングが、番組の盛り上がりを左右することもあり、女性タレントにも、それなりの力量が問われることはいうまでもない。

 では、芸人から見て、どの女性タレントがやりやすく、またやりにくいのか――。今回、絶対匿名を条件に、テレビで活躍する3人の芸人が本音、業界の評価を明かしてくれた。

「もう終了してしまったんですが、感心していたのは『爆笑問題の検索ちゃん』(テレビ朝日系)の小池栄子。暴走する太田を時に泳がせ、時に叱りつけ、もちろん進行も完璧にこなしていて、バランスが素晴らしい。歯切れのいいツッコミのイメージがありますが、実は、芸人たちのトークやギャグへのリアクションが素直で、よく笑うのもいい。きちんと芸人を生かしてくれるので、とても仕事がしやすいと思います」(吉本芸人A)

 あの島田紳助も、「ひとつ話題を振ると、番組の次の展開を見越した絶妙なコメントが返ってくる。素晴らしい」と絶賛。雨上がり決死隊の宮迫博之も、「僕が見た中では、数少ない天才の一人」と言っているから、芸人がもっとも仕事をしたい女性タレントといって良さそうだ。

 では、一昨年あたりから頭角をあらわしているおバカタレントはどうか。

「スザンヌや里田まいは、突然、話を振っても、”え~っと”と言葉に詰まったり、”え、○○ですか?”と聞き返すようなことが、実はほとんどないんですよ。言うことはトンチンカンでも、流れを止めないから、やりやすいと思います。神戸蘭子も、それができていてビックリしました。紳助さんの教育なのか、はじめからそれが出来るコを紳助さんが気に入るのか分かりませんが、いずれにしても大したものですよ」(吉本芸人B)

 と評価は決して低くないようだ。『ゴッドタン』(テレビ東京系)などバラエティー番組でのKYぶりが、有吉弘行に「哺乳類最悪」と評された谷桃子は、

「昔、あるイベントで一緒になったときは、あんなじゃなくて”素直な頑張り屋さん”といった印象だったんだけどね(笑)。でも、あれだけ振り切れているのはスゴいと思う。ただ、あれをイジって番組として成立させることができる腕がないと、こちらが大ケガをするので、芸人の力量が試される危険な存在であることだけは、間違いないと思います。ボクはまだ(上手く絡める)自信がないです」(関東芸人C)

 高い評価は受けているが、仕事をしたいかというと微妙なところか。

「谷の事務所の社長は、トリオ芸人”東京ビンゴビンゴダイナマイトジャパン””の元メンバー。この社長から”スベってもいいから思い切ってやれ。中途半端が一番最悪だ”と教えられ、素直にそれを実践するうちに、あんな怪物になってしまったんです(笑)」(お笑いプロ関係者)

 では、できればゴメンこうむりたいと思われているのは? なんと、複数の芸人から同じ名前があがっている。

「産休していたので最近は見ないですけど、MEGUMIですかね。若手芸人が言ったことに素直に笑うことがまずなく、ウマいこと切り返してやろうっていう感じがちょっと強すぎるんですよ。確かにウマさはあるけど、もう少し芸人を生かすような振りができるといいのにと思います」(前出・芸人B)

「MEGUMIさんは、YOUさんの辛口な感じをお手本にしているつもりなんですかね。でも、YOUさんはダウンタウンさんにラジオやテレビで何年も揉まれてきてきたためか、辛口でもすべての芸人への愛を感じる。MEGUMIさんは、その下地がないのに上辺だけをマネしているように見える。だから”面白くな~い”なんて言われたら、正直、イラっとくるんだよね(笑)」(前出・芸人C)

 小池栄子とMEGUMIの評価の差がここまであるとは意外。出産後のテレビ復帰も始まっているMEGUMIだが、バラエティーで活躍するのは意外と難しいかも?

『Besos (単行本)』

ベビー服ブランドも立ち上げたから大丈夫!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
上地雄輔の出来過ぎた”イイ人”ぶりに疑惑! 関係者の声を徹底収集
業界人が暴露! 風俗嬢に性病をもらった大物ジャニタレとは?
Perfumeのスクープ2連発の裏に見え隠れする、ジャニーズの影

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー