コラム "噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第11回】

“安室&淳”でも売れない! 「女性セブン」スキャンダルの”値段”は?

seven_amuro.jpg
「女性セブン」(小学館)1月21日号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の”欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第11回(1/7~1/12発売号より)

 年始にお休みをいただいて海外に行ってたので、各誌1号ずつ飛ばしてしまいました。で、帰国したらびっくり仰天。あの二人(安室奈美恵とロンブー淳)が婚前旅行!? 悲しい。

 私ごとで恐縮だが、何を隠そうデビュー以来のアムロファンだ。カラオケも車のCDもアムロ。スーパーモンキーズ時代には、後のMAXメンバーから仲間はずれにされていないか気になって仕方なかった。ある時「芸能界では信用できる人がいない。私の友達になって」とアムロからお願いされた夢を見て、起きてからもしばらく幸せ気分に浸っていたこともあった。相手がSAMならまだしも……。

1位「初荷スクープ 安室奈美恵 ロンブー淳 聖地巡愛7泊9日」(「女性セブン」1月21日号)
2位「飯島愛さん 父が告白 一周忌の白いカサブランカ」(「女性セブン」1月21日号)
3位「ご近所スクープ ダウンタウン浜ちゃん いわくつき4億円御殿ポイ捨てウラ事情」(「週刊女性」1月26日号)

 いや、文句なしのスクープです。アムロと淳の大物カップル熱愛発覚だ(個人的には異色カップルと言いたいけど)。芸能人が大挙して海外脱出する年末に、時間差で出国した二人。ロスで合流してスピリチュアルスポットの街セドナへ。空港の待合室では腕まで絡ませて。二人はホテルからあまり出ることもなかったという。何をしていたんだ。

 正月ネタ枯れのマスコミは当然のように飛びついた。帰国後、会見を開いた淳はやに下がりまくり。なぜこの男がモテる。

 だが、騒動もここまで。何でもアムロの所属事務所などが「これ以上騒動が広がらないよう」各方面に手を打ったらしい。潮が引いたようになっている。

 スクープした「セブン」も期待したほどこの号は売れなかったらしい。そのため、編集部の雰囲気もいまいちだとか。そりゃそうだろう。記事を読むだけでかなりの経費を使ったことがうかがえる。今回のスクープは事務所側のやらせでもPRでもなく、一般的な芸能情報のルートを辿って出てきたものらしい。よって、取材費は「セブン」持ち。

 ある芸能記者によると「カメラマンと記者の計3人で追いかけ取材したようですから、彼らと同じビジネスクラスなら飛行機代だけでも一人正規料金で約80万円はくだらない」という。その他宿泊費やらお金もいっぱいかけたことになる。

 雑誌不況の中、頑張ったぞ「セブン」! それなのに思ったほど売れないのは、やっぱりワイドショーやネットで情報を取れてしまうからなのか。

 写真も抱擁やキスシーンなどはなく、手をつないだ姿だけで、ツーショットは後ろ方。バレないように撮るには仕方なかったか。頑張ってお金をかけて逃げられたら元もこうもないからな。ちなみにカメラマンは写真週刊誌「フライデー」出身だとか。こうしたスクープが正当に評価され、雑誌がもっと売れるようになるといいのだが。

 次は飯島愛ネタ。突然の死亡から1年、彼女が眠る寺院で親族の法要が営まれた。自宅に取材に訪れた記者に父親が語った。

「ファンから未だに励ましの手紙が来て感謝している」「親より先に亡くなった」というのは悲しい」

 思春期には厳格な父と飯島との間で、かなりの葛藤があったことはあまりに有名だ。その父が亡き娘を思い語るなんでもない言葉が悲しい。それだけの記事なのだ。でもなんだか心に残った。

「セブン」以外は正月ボケかネタ枯れか、目を引くものがほとんどないんだから。だから3番目もどうでもいいような記事。申し訳ないけど仕方ない。文句は「週女」と「自身」へお願いします。

13年前に高級住宅街に建てた浜ちゃんの4億円豪邸に、一家の姿がない。ついに別居か離婚か!? だが一家は2億円相当の近くの高級マンションに引っ越していた。しかし、ここはあくまで仮住まい。浜田一家はさらに別に一軒家を探しているという。そのご予算は5億円だとか。

 どーでもいーいですよ~。

 庶民の暮らしとはかけ離れた、お金持ちの単なる引越し話だった。この手のご近所話は女性週刊誌の定番でもあるんだけど、それにしてもよっぽどネタがなかったんだな。

『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』

神林さんの慰めの一品

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
ギャラはSMAPの3分の1! 「週刊女性」が検証した嵐の魅力とは
「女性セブン」が疑惑の女・野口美佳をインタビューできた理由は……
ヒガシ結婚騒動の中、しっかりと愛の巣を固めてた岡田&蒼井優!



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“安室&淳”でも売れない! 「女性セブン」スキャンダルの”値段”は?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女の価値観女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!