[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育てコラム

ココはマジでちっちゃ過ぎ! まるであのカルト映画の……

kosodateillust04.jpg
(c)倉田真由美

 出産を終えた妻くらたまが、娘のココと一緒に退院して家に帰ってきた。娘と言っても、ぶっちゃけまだ実感がないんですよ。あまりにも小さいし。小ささは、マジでハンパじゃない! どれだけ小さいかって、文字じゃ表現しにくいな。強いて言えば、デビッド・リンチの『イレイザーヘッド』の赤ん坊並みですよ! 『イレイザーヘッド』っていうのは、カルト映画の代名詞とも言われている映画。風変わりな青年と恋人の間に生まれた、異常に小さく奇妙な赤ん坊の不気味な映画なんです。

 オレがココを「『イレイザーヘッド』だ!」と言っても、くらたまはその映画を見ていないので、家に帰ってきた日の夜、家族皆で『イレイザーヘッド』のDVD見たんですよ。さすがに息子まーは「気持ち悪い」と言って、1分で見るのをやめてましたけど。くらたまは『イレイザーヘッド』をかなりキモがってましたね。

 で、劇中に出てくる赤ん坊をオレも再度見たんですが、外見は似てないけど大きさは同じくらいでした。くらたまは「ひどすぎる!」と言ってましたけど。ハロウィンの時期に産まれていれば、ココを『イレイザーヘッド』みたいに、胴体に包帯巻いてコスプレさせたんだけどなあ。無理か。

 そんなわけで、ココと暮らす生活が始まった。産まれて1カ月くらいは、妻もココも外出はできないみたいなので、「オレが一部家事とか食料の買い物はやるよ!」と言ってみましたが、妻はネットスーパーというのを見つけたみたいで、食材とか生活必需品は全てネットで買ってます。なんとかなるもんですね。

 でも最初の1カ月は夜も早めに帰宅して、家事を手伝うことにしてる。いまのところのオレの生活は、朝8時に起きて9時に家を出て、夜は7時か8時に帰宅する。というかなり真面目な生活スタイルだと思いませんか!? いやー自分でもこうやって書いてて変わったと思いますよ!

 今まで7時に家に帰っても、ヒマだし「仕事が気になって家にいられないでしょ!」と思ってたんですけど、いざ、自分で7時に帰ってみると、いまの我が家はオレが担当することがかなりあるんですよ! まず帰ってネコ3匹のエサとかトイレ掃除、ヤドカリ3匹のエサと水とか変えたり。本当は息子のまーが「ヤドカリが欲しい」っていうので、世話をすることを条件に飼ったのに、買って家に帰って飼育セットをオレと一緒にセッティングまではやったんだけど、翌日からは一切無関心です。オレがまーに「面倒見ろ!」と怒ってようやくいやいややるという感じなので、もう興味なくなったんだろうな。

 まーを観察してると、とりあえず、何かが「欲しい!」と思ったらわーわー騒ぐんですよ。で、それが手に入ると、もうどうでもいいみたいです。ホントに欲しいのか見極めが難しいよなあ。というワケで、家で時間があまったら、まーのゲームに付き合ったり、それと同時にココのおしめや風呂入れ手伝ってますよ。

 ちなみにココの風呂入れですが、まだ新生児なのでかなり慎重に扱わなければならないみたいで、初めてオレがココを風呂に入れた瞬間から妻くらたまからダメ出しです! 「石けんつけ過ぎだし、ココの耳を手で押さえなければならないのに、あんたは手がでかすぎなので無理!」と言われてしまったよ。それでも妻が一人で風呂入れするのは大変そうなので、ダメ出しされながら手伝ってますよ!

 とにかく! こんな感じで7時に家に帰ってもやることだらけで、あっという間に気付いたら11時とかになってるんですわ。まあ、いまはこれが楽しいのでぜんぜん気にならないので、これはこれで面白いんですよ。オレの周りは「いつまで続くのか?」と未だに半信半疑です。

kosodatecolum04.jpg
ほら! 本当にちっちゃいでしょう!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク