[ジャニーズ・メディアの裏側]

顔が死んでる!? ジャニーさんが押しても売れない新ユニット

snowprince.jpg
『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』公式HP

 12日、ジャニーズJr.森本慎太郎の初主演映画『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』が初日を迎えた。この作品は、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』脚本家の小山薫堂氏がストーリーを担当。公開前からアメリカをはじめ世界17カ国からオファーが届いていた。『フランダースの犬』を彷彿させる、涙なしでは見られない名作……といわれてるが、肝心のジャニーズファンの反応は残念ながらいまひとつ。その象徴ともいえるのが、映画の主題歌として12月2日にリリースされたスノープリンス合唱団「スノープリンス」の売り上げ不振だ。

「発売日のオリコンデイリーランキングでは初登場4位。初動の悪さに焦ったのか、事務所は12月6日に急きょ、CD購入者対象のイベント『森本慎太郎と握手!』をテレビ朝日ロータリー横で実施したのですが、結局、12月14日付の週間ランキングでは5位に終わりました。この時点での推定売り上げは2万枚とされており、ジャニーズタレントにしてはかなりヤバい数字ですよ」(音楽業界関係者)

 このイベント、急だったこともあるが当日の参加者は、整理券の番号からみて約1,500名程度。その中にはひとり2〜5枚購入して何度も並んだファンがいるわけで、そう考えると実際、会場に足を運んでいたファンは1,000名前後では、と見られている。さらに事務所は、13日に東京ドームで5年ぶりに行われた「ジャニーズ選抜大運動会」の会場でも急きょ握手会を開催するという無謀な作戦に出た。

「発表があったのは2日前。かなり急でしたが(テレ朝で行われた)前回とは違い、ジャニファンが多く集まる会場でしたから『ついでだから記念に』『運動会には入れなかったけどドームまでは来た』というファンも入り交じって、前回の5〜6倍のファンが参加していたと思います。ただ、運動会から帰ろうとするファンと列に並ぶファンがごちゃごちゃになって現場はパニック状態でした。計画性もなくやるからあんなことになるんですよ」(熱心なジャニーズファン)

 運動会に出場したあと、疲れた身体で握手会にやってきた森本。

「スノープリンス合唱団のメンバーが周囲で手を振るなか、とにかく数をこなさねばならないって感じで、もみくちゃにされながら流れ作業のようにハイタッチ状態で握手(?)してました。顔が死んでましたよ」(同)

 アイドルとはいえ森本はまだ小学生。金曜は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演、土曜は舞台挨拶を数本こなし、日曜は運動会に出て、終了後に握手会……このハードスケジュールに、弱冠12歳の少年が疲れてしまうのは当然のこと。にも関わらず、以前にもこのサイトで報じたとおり、CDデビューについては賛否両論巻き起こり、森本へのあまりにも露骨なプッシュぶりにファンからの反発も相変わらず多い。

 中山優馬しかり、森本慎太郎しかり、ジャニー氏お気に入りのタレントがこれだけ露出しているにも関わらず、ファンや世間に受け入れられないこの現状。ジャニー氏の黄金の審美眼が鈍りつつあるとは思いたくないが……。

『スノープリンス(初回限定盤)(DVD付) [Single] [Maxi] [CD+DVD] [Limited Edition]』

イイ曲だったよ、PVも心が洗われたよ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「まるで託児所!」ジャニーズ新ユニットにファンの怒り爆発!
【関連記事】 森本慎太郎の映画デビューに便乗した中山優馬に大ブーイング!
【関連記事】 異例! 映画主役に抜擢された森本慎太郎11歳

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク