[TVツッコミ道場]

藤木直人あ然! 徹子が放った謎の言葉”モグラブ”とは?

hujikinaohito01.jpg
藤木直人まで餌食に……
『CRIME OF LOVE』/ポニーキャニオン

 あまりに絶好調すぎる、徹子さんだった。

 おなじみ『徹子の部屋』(テレビ朝日)、4月23日のゲストは、藤木直人。冒頭から「背が高くてね♪」「いわゆる『イケメン』」と、上機嫌。と思ってたら唐突に言った。

「お兄ちゃんは元気でいらっしゃる?」

 お兄さん? ってああ、藤木直人って双子の兄弟がいたんだっけという、聞いたことあったようななかったような程度の、微妙な情報から広げ始めた。今回、藤木の「内向的な双子の弟」と、「早大理工学部出身」という情報が、徹子的にはどうしても気になるらしく、番組中「出来のよかったお兄さんが」とか、「理工学とはずいぶん違う?」とか、何回もこの2点に話が戻ってくる。

 まず出来のいい兄について「スポーツも勉強も兄が上で」と語る藤木に、「社交的?」と、間髪入れずにかぶせてくる徹子。内向的だった自分からしたら、明るくできのいい兄という存在が、ずっとコンプレックスの対象だったかもしれない。

 あまり積極的に語りたいことでもないかもしれない。しかし、名著『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)での、自分の学校での苦労と重ね合わせるところもあるのか、そこにグイグイ食い込んでくる。最終的にはみんなの前で唱歌「ふるさと」を歌わされたものの、「うさぎおいし」の歌の出だしがうまく歌えず「ウー、ウー」とうなるだけだったという自分の話になってましたが。

 それにしても、そんな徹子の話を聞いている藤木の瞳は、アホな犬のようにくもりがなく、きれいだ。そしておそらくマジメ。ピュアな2人によって、番組はどんどん不思議な方向へ転がっていく。

 CM前、「びっくりのビデオがあるんです!」と興奮気味にふり、流した映像は藤木の武道館公演の時のもの。大人しかったイケメン青年が、武道館のステージにというのが、よっぽど驚きだったらしく、

「この方が、武道館をいっぱいにできるんです。そんなことってハハハ、普通、俳優さんが!」

 「ハハハ」って徹子さん……。元ベストテン司会者としてかどうかはしらないが、武道館に立つ歌手というものは、一流であるという思いが強いのだろう。「だいたい武道館をいっぱいにできる方っていうのは、もうちょっと……」という、歌手・藤木直人には信用なさそうな発言に、とうとう「もうちょっとなんですか! 僕だってがんばってるんですよ!」と、珍しく声を荒げる(もちろん笑顔でだが)ことにまでなった。

 「歌手として有名とかさ」「もうちょっとバンドをやってますとか」と、たたみかけてしまう。キャリアは十分ですよ。

 「トットちゃん」時代を思い出したからか、続いて新たな事実が藤木によって引き出された。たとえば、「28から36歳までバンドをやっていて」とか語られると、結局何年間なのかという計算ができないそう。曰く、28という小さい数が先に出てくるため、「36−28=」という式に変換できないのだそう。そうすると、徹子の目が泳ぎ出すため、スタッフが「8年間」とかいうカンペを出し、事なきを得るという。

 クライマックスは、ドラマ『夜光の階段』(テレビ朝日系)の番宣がらみのところで訪れた。藤木は今回主題歌を担当するのだが、曲名が「クライム・オブ・ラブ」と聞き、徹子は、こんなことを言った。

「モグラブ?」

 モグラブ? モグラ部? ……すごすぎる。この衝撃発言に、クールな藤木も、「そんな斬新なタイトルはさすがにつけられませんでした」と、赤い顔で立ち上がらんばかりに興奮していた。「”夜光”とかいって暗いところだから、モグラなのかなって」と言い訳もしていたが、「クライム・オブ・ラブ」→「暗いモグラ部」ということか。天才だ。

 ようやく番組もまとめの段に入ったところで、天才は唐突に話の途中で、「アナタ、カワイイわね」と、藤木の足もとを指して言った。見れば藤木、素足に革靴をはいているではないか。

「(石田純一から)奪ったほうがいいわよ。いまもう素足といえば、藤木直人ですって」

 残りわずかでも、手をゆるめない。最初から最後まで、徹子さんの魅力満載でした。
(太田サトル)

『CRIME OF LOVE』

“モグラブ”って「モブラLOVE」のことかもよ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「他にもっとないの?」 “芸人殺し”徹子に、さまぁ~ずがリベンジ …
【関連記事】 関ジャニ横山・村上・大倉 徹子が食いついたのは誰?
【関連記事】 村上信五、生放送中に借金を取り立てられる

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー