日米セックスカルチャー比較(前編)

●●しただけでベッドへ…… 日本じゃあり得ない”オーケー”のサイン

bedoadayo.jpg
photo by Lauren Close from flickr

 今年の夏、ニューヨークにメイクの勉強にやって来たばかりの25歳女性Mさんは、「デートに誘われてももうOKしません」と憤然として言う。

 渡米前に「日本女性はモテる」、と聞いていた彼女。実際カフェで、イベント会場で、デパートで、時には電車の中や通りでも、「コーヒーでもどうですか」「食事でもしませんか」と誘われ、(モテるというのは本当だった!)と最初はまんざらでもなかった。英語スクールにも通っているので、デートをすれば英語の勉強になる、しかも無料で、というので初めは気軽に付き合っていたのだが、ある事にカルチャーショックを受け、すっかりデート拒否症になってしまったという。


 ショックを受けたある事とは、「一回食事をしたらセックスもOKだとニューヨークの男性は思っているらしいんです」という、日本のデート事情とは異なる「ルール」。

「特に豪華でもない、カジュアルから中級ぐらいのレストランで食事をしてアパートの前までタクシーや車で送ってもらうと、すんなり帰らないんです」

と彼女は顔を曇らす。

 「コーヒーを一杯飲ませてくれないか」とか「水でもいい」ととにかくアメリカの男達は、アパートに入りたがるというのだ。ルームメイトがいるからと断わっても、「構わない」と執拗に食い下がる。セックスが目的なのはミエミエで、「1回食事したぐらいでセックスする義理はない」という彼女の考えと「食事をOKした時点でセックスは当然。させてくれないのはルール違反」とむくれるアメリカ人男性の考えがクラッシュしてしまい、気まずく別れて二度とお呼びがかからないという。

 そんな事が4、5回続き、最初は(この人だけが変なのだ)と思っていたMさんも、どうも”1回食事をしたらセックスをする”というのがニューヨークのシングルシーンの暗黙のルールなのだと思わざるを得なくなった。

 ある男性はこう言ったそうだ。

「君は楽しんでいたじゃないか! それなのに何で僕をアパートに招待してくれないんだ!」

 Mさんに言わせれば、それは食事代を支払ってくれるのだから気を使って楽しそうに振る舞っていたのであって、もしそれが割り勘だったらわざわざ出かけて行かなかったというのだ。彼女の気持ちはよくわかる。忙しい現代女性は時間とお金の管理にシビアなのだ。

 日本の男性とデートをして1回ぐらい食事を奢られても、それと引き換えのようにセックスを迫られる事はなかったので、アメリカの男性はつくづく打算的だと彼女は思う。

 しかし、一方で、アメリカの男性には彼らなりの理屈があるのだ。
(後編に続く)

【関連記事】 S.A.T.Cでも話題に アメリカ女性が男性に求めるモノとは?
【関連記事】 アメリカの少女に性感染症が蔓延! 10代の約4割がクラミジアなど
【関連記事】 マライア・キャリー、夫とのセックスは結婚までお預けだった!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!