韓国版『のだめ』 高視聴率も演奏シーンはだめだめ?

nodamedame.jpg
アニメ『のだめカンタービレ』HP。こちらはパリ編を絶賛
放映中

 『のだめカンタービレ』は漫画・ドラマともに、お隣韓国でも大ヒット。その人気を受けてか、9月より”韓国版のだめ”と言われているドラマ『ベートーベン・ウィルス』が韓国でスタートした。内容は、音楽を愛する者たちがオーケストラ結成を目指して奮闘するというもので、イ・ジア、チャン・グンソク、キム・ミョンミンと旬の俳優が名を連ねる。


 クラシックをテーマにしたドラマは韓国では初めてということもあって、放送前から『のだめ』と比較されてきた本作。主な登場人物は、ヒロインが明るく変わり者のバイオリニスト、気難しい孤高の指揮者、直情径行型のトランペッターと、微妙に『のだめ』をほうふつとさせる。

 初回放送では15%越えの視聴率をマーク。ところが、韓国の視聴者の反応はというと、「『のだめ』のパクリ。俳優が楽器を演奏するシーンは、手と音がバラバラで笑えた」「代役を使ってでも、手つきくらいは合わせるべき」などといった批判も目立ったという。そこで、試しにドラマの前半を見てみると……。

 確かに、手つきと音がちぐはぐ。例えばバイオリンを弾く場面では、弦を震わせているはずの音が出ているのに手が動いていなかったり、メロディと手つきがずれていたりと、なんだかトホホな感じ。

 とはいえ、ドラマは現在も高視聴率を記録。後半は、『のだめ』と比較されないよう、リアルな演奏シーンに期待できる……かも?

【関連記事】 RAIN(ピ)が衝撃の極貧時代を告白
【関連記事】 トヨタの新型RAV4 CM出演のイ・ビョンホンに無免許運転の過去!?
【関連記事】 クォン・サンウのファン離れが加速! 

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!