理由は結婚だけじゃなかった!?

クォン・サンウのファン離れが加速! 

81977414.jpg
ご本人はこの笑みですが……

 かつて、これほど結婚を”祝福されない”芸能人がいただろうか。その芸能人とは、7月18日に緊急結婚発表会見を開いた俳優クォン・サンウ(32)だ。お相手はミスコリア出身の女優ソン・テヨンで、今年1月ころから交際していたという。挙式は9月28日にソウル・新羅ホテルで行なわれる予定。

 突然の結婚発表に、日韓のファンの間に衝撃が走ったのは言うまでもない。その余波はあまりに大きく、”驚き”を通り越して”失望”し、ファンクラブを退会するファンが後を絶たないという。アンチファンに転じた一部ファンの中には、結婚相手のソン・テヨンの派手な恋愛遍歴や妊娠説といった噂を槍玉に挙げ「(真面目で知られる)クォン・サンウにふさわしくない」と考えている人も多いようだ。


 クォン・サンウのファン離れが加速している背景には、実は結婚以外のいくつかの”不始末”も関係していると思われる。まずは、05年9月24日にさいたまスーパーアリーナで行われた『韓流オールスターサミット2005』。これはチャン・ドンゴンやイ・ビョンホンなど大スターが参加したビッグイベントで、クォン・サンウはイベントの会見に遅刻し「イ・ビョンホンの機嫌を損ねた」との報道も出て話題となった。次に、06年9月30日に西武ドームで行なわれたチャリティーイベント。イベント自体はまずまずの成功を収めたようだが、約1億円もの赤字を出し、なんと寄付ができないという事態を招いてしまった。そして、今年8月1日~3日の『クォン・サンウ誕生日パーティーinソウル2008』というツアー。料金は17万円を超えるもので、韓流スター絡みのこの手のツアーの中でも最も高額な部類に入る。さらにツアーを心待ちにしてきたファンを驚愕させたのが、ツアー2週間前の結婚発表だ。失望してキャンセルを考えながらも「高い料金を払ったのだから」と参加したファンもいたという。これら一連のイベント絡みの悪い噂が重なり、「クォン・サンウは金への執着心が強い」というイメージが定着してしまった。

 イベント絡みのゴシップだけではない。彼のイメージを著しく失墜させたスキャンダルが、06年に起きた事務所移籍にまつわる暴力団との関係と、賭博関与説だ。クォン・サンウが契約期間中に移籍をしたために起こったもので、騒動はドロ沼の訴訟劇に発展し、約1年間芸能活動を遠ざかる結果に。その後に出演したドラマ『BAD LOVE~愛に溺れて』、映画『宿命』(10月に日本公開)も不評に終わった。さらに、次回作のドラマ『大物』は実力派女優コ・ヒョンジョンとの共演で話題を呼んでいたが、制作側の都合で白紙になってしまった。

 「ファンのみなさんに祝福されながら結婚したい」──そう会見で語っていたクォン・サンウ。本人としては8月9日に韓国で行なわれたファンイベントで「発表するつもりだった」らしいが、メディアにすっぱ抜かれたために今回の緊急会見と相成った。しかし、「30歳を過ぎたら結婚して引退したい」「恋人ができたら真っ先にファンに伝えます」と口癖のように言ってきた彼の”裏切り”に対するファンの不信感は、上記のような数々の黒い噂もあり、払拭できないところまで高まっている。今となっては、言い訳にしか聞こえないというのがファンの心理なのだろう。

 10月25日には、さいたまスーパーアリーナでファンイベントが行なわれる。挙式後最初のイベントだけに、「結婚しても人気は衰えない」というイメージを保とうとする主催者側の必死な様子が伝わってくる。とりあえず、遅刻や手抜きだけは避けてもらいたいもの。クォン・サンウの結婚後の歩みは平坦ではなさそうだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク