となりの脱会くん

カルト宗教の2世信者は、説教されがち!? 「うるせーーー!」と叫びたくなった、“親への感謝忘れるな”おじさん

2021/08/25 18:30
DJ2世 a.k.a 脱会くん

「『カルト』と呼ばれる新興宗教の信者である両親の元に生まれた私は、子どもの頃からずっと(うさんくせぇ……)と思ってきた」――「脱会くん」ことライター・DJ2世がつづる、みんなに知ってもらいたい、2世信者だった私の日常と本音。

 前回の「2世信者あるある(前編)」を読み、後編が更新されることを祈ってくれていた皆様、私は復活しました。「DJ2世 a.k.a 脱会くん」です。

 前回は学生時代に起こりうるあるあるを3つ挙げたが、今回は社会人になってから起こりがちな2世信者あるあるをお伝えする。

【2世信者あるある その4】気づけば説教されている

 大人になると、世の中には2世問題以外にも、自分の生まれた環境で悩む人がたくさんいるということがわかり、次第に自分の生い立ちについても理解が進んでくるもの。そのうち自分の家庭環境についてカジュアルな場で人に話すというシチュエーションが2世信者にはやってくる。しかし、その場にいるおじさま方に、気づけばマウントを取られているというあるある。

オレはなぜ説教されているんだ。いつの間に……(C)DJ2世 a.k.a 脱会くん

 「えー別にいい親じゃん」「それでもさ、色々あったかもしれないけど親への感謝を忘れちゃいけないよ」「いやいやそんなんオレなんて(おじさんのエピソードに切り替わる)」……など、気づけば説教を受けていることが、今まで何度あったことか。

 うるせーーーー、こちとら何万回家族との関係で悩んだと思ってるんだ。よくそんなことデリカシーなく言えるなと叫びたくなる。妙なストレス。もちろんその助言は、一般論として至極真っ当なのだが、あまりにも言われることが多すぎて少々うんざりしてしまう。自分の中でいくら劣等感を克服しても、結局はおじさま方の説教の対象なのである。

 2世はマウント取られがち。逆にいえば、マウントを取ってこない人たちは、心を許してもいい人なのかなと思ったりもする。こうした星の数のような説教を乗り越えて、2世は一般社会での生きのび方を学んでいくのだ。

あるある黙示録
2世信者あるあるハードバージョンに期待が高まる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

カルト宗教の2世信者は、説教されがち!? 「うるせーーー!」と叫びたくなった、“親への感謝忘れるな”おじさんのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムとなりの脱会くんのニュースならサイゾーウーマンへ!