『ザ・ノンフィクション』レビュー,

『ザ・ノンフィクション』“幸せな家庭”で救われたいと願う人「あの日 妹を殺されて 後編 ~15年後の涙と誓い~」

2020/10/05 17:01
石徹白未亜(いとしろ・みあ)

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)。10月4日は「あの日 妹を殺されて 後編 ~15年後の涙と誓い~」というテーマで放送された。

『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)公式サイトより

あらすじ

 新大阪駅のほど近くにあるカンサイ建装工業。社長の草刈健太郎は犯罪加害者支援として企業7社と日本財団が2013年に開始した「職親プロジェクト」に関わっており、草刈自ら、面接のため全国の刑務所や少年院を月に一度訪ねる日々を送る。「雇ってみなわからへん」と基本、断らずに全員採用。ただし、身元を引き受けたあとすぐ姿を消されてしまうことも多いという。早く出所するために利用されるのだ。

 裏切られることも多い加害者更生支援を草刈が続けるのには理由がある。2005年、草刈は7歳下の妹の福子さんをアメリカで殺害され喪った。犯人は福子さんが現地で結婚した夫だ。犯罪被害者を減らすには、まず加害者を減らすことが大事であり、「妹に『やれ』って言われてる気がする」と草刈は加害者支援を続ける。同社では7年間で18人の犯罪加害者を雇い、今3人が働いている。

 刑務所では受刑者の社会復帰のため企業が協力した社会復帰準備訓練を行っており、草刈もそれに携わっている。しかし新型コロナウイルスの影響で3月に行うはずだった会議は延期に次ぐ延期で8月まで伸び、また、実技訓練などによるクラスタ発生を警戒し実技を外すなどの規模の縮小が会議の席では検討されていた。草刈は「また犯罪増えますよ。このコロナで」と話す。

 100回以上の窃盗を繰り返し少年院に入っていた19歳のワタルは職親プロジェクトで草刈と出会い、現在は別の建設会社で働いている。ワタルを雇っている社長、山田秀音も窃盗で少年院に入った経験がある。山田は当時を「(母親に対し)自分で産んでるんだから責任とれよと思って悪いことをしていた」と「ただのクズです」と振り返る。山田は少年院で家族から届いた段ボール一杯もの手紙を受け取り改心し、現在は、ワタルを雇うなど、加害者の支援を続けると同時に、胃がんの母親を支えている。

 23歳のカズキは幼少期に母親が父親を殺害するという壮絶な経験をし、19歳で障害や暴走行為で逮捕される。草刈がカズキを引き取り、就職し職人として独立、結婚もして娘もでき、将来的には人を救うため理学療法士になるという目標もできて、順調に更生しているように見えた。しかし育児の方針をめぐり妻と不仲になり、妻に手を上げ逮捕される。妻とは離婚となり再度カズキは草刈の会社の寮に入ることになる。

 異色なのが31歳のシングルマザー、エリだ。草刈の会社で事務として働くエリは逮捕されるようなことはしていないのだが、離婚後、荒れた生活を送るエリに業を煮やした父親から草刈のもとに預けられ、現在は娘と離れて寮で生活している。カラオケで娘を思う歌を歌い涙していた。

 そんな中、草刈のもとには妹・福子さんと福子さんを殺害した夫の上司だった人物が訪ねてくる。夫は、福子さんが男性同僚数人とカラオケに行ったことに抗議するような嫉妬深い人物で、カッとなったら手が上がるような人だった、と伝えた。なお、福子さんの夫は逮捕された当初は精神鑑定を求めたり、その後は福子さんに好きな男ができたと言われカッとなった、と話している。草刈は犯人に対し「『許す』という言葉も言えないし」「恨み続けるのもしんどい」「結論はでぇへんちゃいますか。周りの人間が、最後まで」と心境を吐露した。

加害者家族バッシング
加害者を社会全体で受け入れることは可能なんだろうか……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『ザ・ノンフィクション』“幸せな家庭”で救われたいと願う人「あの日 妹を殺されて 後編 ~15年後の涙と誓い~」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『ザ・ノンフィクション』レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!