一周回って高評価?

浜崎あゆみのドラマ『M 愛すべき人がいて』に「ネタドラマ」の声続出! 「ダサすぎて逆にハマりそう」と意外な評価も

2020/04/20 18:36
サイゾーウーマン編集部
浜崎あゆみのドラマ『M 愛すべき人がいて』に「ネタドラマ」の声続出! 「ダサすぎて逆にハマりそう」と意外な評価もの画像1
ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)公式サイトより

 歌手・浜崎あゆみの半生を描いた連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の初回が4月18日に放送され、午後11時台ながら、平均視聴率5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好スタートを切った。しかし、古すぎるセリフの言い回しや演出に、ネットユーザーからは「ネタドラマなの?」「マジでやってる? ギャグにしか見えないんだけど」と苦笑されている。

 同ドラマは、ノンフィクション作家の小松成美氏が、浜崎への取材をもとに、歌姫にのぼりつめるまでのサクセスストーリーと、エイベックスの松浦勝人会長CEOとの出会いと別れをつづった同名小説(幻冬舎)が原作。主人公であるアユを、新人歌手・安斉かれん、アユをスターへと押し上げる音楽プロデューサー・マサを三浦翔平が演じている。

「初回では、上京後に女優として活動を始めていたアユに目をつけたマサが、歌手として育てていくと決意するまでが描かれました。しかし、ネット上ではドラマ初主演となる安斉の演技力に『棒演技すぎてひどいな』『想像を超えるヘタさ』と辛らつな声が続出。その一方で、『しゃべり方があゆっぽい』『あゆ感が出てていいかも』と案外役にハマっているという声も見受けられました」(芸能ライター)

 そんな中、初回で最も視聴者を釘付けにしたのはマサの秘書・姫野礼香役で出演していた田中みな実だ。

「田中は、マサに恋心を抱き、アユに嫉妬する秘書という原作には登場しない役柄を演じているのですが、なぜか右目に“オレンジ色の眼帯”を付けて登場。眼帯を付けることになった理由に、マサが関係しているようですが、ビジュアルのインパクトが強すぎて『眼帯というかみかんの皮に見えるんだけど(笑)』『キャラ濃すぎだろ。話が入ってこない』と、衝撃を受けた人が多かったようです」(同)

 小説はあくまでも「事実に基づくフィクション」との注意書きがあり、ドラマにもオリジナル要素が加えられているようだが、浜崎が台頭する以前に一世を風靡していたTRFや小室哲哉など、実在の人物を彷彿させるようなキャラクターも登場している。

「そのため、『田中みな実の役も、ほんとにこんな人がいたのかなって思っちゃう』『芸能界の裏側って、こんな感じなのかな?』と話題になっています。また、『いちいちセリフがクサすぎて笑える』『全員演技はヘタだし、キャラ濃すぎてコントみたい』と批判の声も多いですが、『バブリーすぎて面白い』『いろんな意味で、久々にこんな面白いドラマ見た』『ダサすぎるのが逆にハマりそう』という好意的な意見も見受けられます」(同)

 なお、ドラマが放送された18日、松浦は自身のインスタグラムを更新して浜崎とのツーショット写真を投稿。「いつもどんな時も何があっても どんなことがあっても 俺たちは負けなかったよな。多分それはこれからも続くのさ。永遠にね。誰に邪魔されてもぜってぇ負けねぇ!」とつづっており、ドラマの冒頭でマサが放った「ぜってぇに負けねぇ!」というセリフを用いながら、浜崎へメッセージを送っている。

 果たして、原作の主人公である浜崎は、今回のドラマ化をどのように思っているのだろうか。ぜひ、1話を見た感想を聞かせてほしいものだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/04/20 18:36
小松成美 M 愛すべき人がいて Book
もはやギャグファンタジー

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

浜崎あゆみのドラマ『M 愛すべき人がいて』に「ネタドラマ」の声続出! 「ダサすぎて逆にハマりそう」と意外な評価ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!