いよいよ始まってしまう

浜崎あゆみ暴露本ドラマ『M 愛すべき人がいて』3つの不安要素ーー松浦勝人役の三浦翔平が、早くも弱音!?

2020/04/18 10:00
サイゾーウーマン編集部
『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)公式サイトより

 浜崎あゆみの自伝的小説を原作とする連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が、4月18日にスタートする。かつては「歌姫」と呼ばれ、若い女性を中心に圧倒的な人気を誇っていたものの、現在は“お騒がせ歌手”として、さまざまなニュースを振りまく浜崎。そんな彼女の「過去」が題材のドラマであるだけに、話題には事欠かないが、それゆえに放送前から「3つの大きな不安要素を抱えている」(芸能ライター)とも指摘されている。

 原作は、ノンフィクション作家・小松成美氏が浜崎に取材を重ねて書いた“事実に基づいたフィクション小説”『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)。デビュー当時の浜崎が、「M」こと現エイベックス株式会社会長兼CEO・松浦勝人氏と交際していた事実が明かされていることから、“暴露本”とも言われ、話題になった。

 ドラマは、放送作家の鈴木おさむ氏が脚本を担当。原作と同じように、浜崎と松浦氏の恋愛が軸となり、エイベックス所属の新人シンガーソングライター・安斉かれんが“アユ”役、俳優・三浦翔平が“マサ(松浦氏)”役でダブル主演を務めるが、1つ目の不安要素は、この三浦にあるという。

「本人が堂々と弱音を吐いています。三浦がマサを演じると発表された時点で、実際の松浦氏とは容姿が似ても似つかないことから、ネット上では『ミスキャスト』と騒がれましたが、それが本人の耳にも届いているようで、4月8日放送の自身の冠ラジオ『三浦翔平 It’s 翔 time』(NACK5)では、『たぶんディスられるんじゃないか』と吐露。ドラマの公式サイトにも『良くも悪くも、物凄く注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています…』『温かく見守って』と、ディスられることを前提としたコメントを寄せています」(同)

 三浦がここまで怖気づくのには、脚本にも理由があるようだ。

「鈴木氏による脚本が、2つ目の不安要素です。予告動画を見るだけでもわかる通り、意識的に、古くさい作りのネタドラマにして、ネット上での“バズり”を狙っているようです。鈴木氏が手掛けた愛憎ネタドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系、2017年)がその手法で成功したため、踏襲したのでしょう。『奪い愛』は、ドロ沼愛で歪んでしまったキャラクターたちのおぞましい姿が一周回って笑える内容でしたが、今作にも田中みな実が演じる謎の“眼帯”秘書など、強烈キャラが目白押し。公式サイトでも『鈴木おさむ脚本で「奪い愛」を超えるジェットコースター・ラブ作品に昇華!』『大映ドラマのような衝撃なキャラクターも登場』という煽り文句が躍っています。このやり方は、浜崎を笑いモノにしているようで、純粋な浜崎のファンにはショックを与えそうです」(同)

 一般視聴者からは笑われ、浜崎ファンからは反感を買うことが予想される同作は、三浦のコメント通り、「良くも悪くもものすごく注目される」ことになるかもしれない。3つ目の不安要素は、そこを逆手に取ったようなエイベックス・松浦会長のあからさまな商売っ気だ。

「エイベックスの新人、安斉がアユ役に抜擢されているのをはじめ、脇役にも5人組ユニット『FAKY(フェイキー)』のHina、同じく5人組『lol(エルオーエル)』のYup’in(ヤピン)といった同社所属の無名の若手がわんさか出演することから、エイベックスのPRドラマ化も懸念されます。さらに90年代にヒットしたエイベックスの楽曲もドラマで流れるとのこと。そこかしこに松浦氏のゴリ押し感が漂い、視聴者から否定的な反応が出そうですね」(同)

 原作を踏襲したシリアスな作りでは視聴率は期待できないと予想され、こうするしか道がなかったのかもしれないが、波紋を呼ぶことは確実。“ネタ”にされる浜崎自身は、このドラマ化をどう思っているのだろうか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/04/18 10:00
ayumi hamasaki 21st anniversary -POWER of A^3-(スマプラ対応)
あゆ、アンタ本当にそれでいいの!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

浜崎あゆみ暴露本ドラマ『M 愛すべき人がいて』3つの不安要素ーー松浦勝人役の三浦翔平が、早くも弱音!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報アーティストのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ