【うわさの会見場から】

中居正広、「退所会見」舞台裏をマスコミが暴露! 「スタッフ大慌て」「オトボケ炸裂」異例の展開

2020/02/22 11:45
サイゾーウーマン編集部
「中居正広という男」の全てが凝縮された優しい笑顔

 ジャニーズ事務所から“独立”すると報じられていた中居正広が、2月21日、都内で記者会見を開き、正式に生報告した。本人が「中居正広、退所ロングインタビュー」と説明したこの会見は、「退所」というワードが持つネガティブなイメージを覆す、「和やかで笑いに満ちたものだった」(スポーツ紙記者)という。参加したマスコミ関係者も、最後は中居を拍手で送り出すという、異例の展開となったようだ。

「まず、会場に入った瞬間、度肝を抜かれました。開始時間より15分ほど前だったにもかかわらず、すでに中居が『フラッシュの点滅にご注意ください』と手書きされたプラカードを掲げ、マイクを片手に入場整理を行っていたんです。あとで本人が『自分から(マスコミを)呼んでおいて、最後の最後に登場するのは違うかなと思って』と説明していましたが、開始前に、早くも記者からの質問に答え始めてしまったので、スタッフが『まだ始めないでください!』『質問しないで! 答えないで!!』と大慌て。これには思わずクスリとしてしまいましたね」(同)

 この“フライング”により、まだ入場していなかった記者は中居の重要な回答を聞き逃してしまったそうだ。

「そもそも初っぱなから『会社(ジャニーズ事務所)、辞めるんですよ』と、今回の会見の“核心”に触れる発言もしていました。結局スタート自体、定刻より数分早くなり、その時点で会場内からは絶えず笑いが起こっていました」(同)

 さらに真面目な質問と回答が続く中、中居が唐突に“記者イジり”を繰り出すワンシーンも。

「ある記者が、質問をする際、マイクの先端部分を握っていたんです。すると、中居が『すいません、その持ち方、アーティストですか? 酔いしれてる感じで?』と割って入ってきた。テレビカメラやスチールカメラも、その記者を撮影しだし、レポーターは『さすが、回しがうますぎる』と唸っていましたよ」(テレビ局関係者)

 そして独立後、ファンクラブを設立するのかという質問には、「事務所幹部を巻き込む中居の“オトボケ”が炸裂して、笑いが起こりました」(週刊誌カメラマン)という。

「SMAP解散後、中居のファンクラブは未開設なのですが、本人がそれを把握していなかったらしく『そもそも俺のファンクラブってあるんだっけ?』と、会場後方にいるジャニーズ幹部らに目線を送っていました。ところが、関係者も把握していなかったのか、曖昧に首をかしげるのみ。見かねたレポーターが『ない!』とフォロー。結局、今後ファンクラブを設立するかどうかは、曖昧なままでした(笑)」(同)

 SMAPメンバー間の不仲説や、独立に対する元メンバーたちの反応については、「この場で答えるつもりはない」と煙に巻いていた中居だったが、「それをマスコミが否定的に捉える空気はなかった。みんな、中居の会見の回しっぷりや人柄に虜になっていた」(同)との声も。

 こうした単独会見は、これが最後の機会となるかもしれないものの、会場一同を満足させた中居の豪腕ぶりは、独立後の活躍を大いに期待させるものだったようだ。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/02/22 12:50
SMAP 25 YEARS (通常仕様:SMAPOなし)
まさかの「骨での登場」は震えた

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

中居正広、「退所会見」舞台裏をマスコミが暴露! 「スタッフ大慌て」「オトボケ炸裂」異例の展開のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズSMAP中居正広のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ