犯罪ジャーナリスト・小川泰平インタビュー

「令和のキャッツアイ」に騒然! 捜査三課の元刑事が語る、連続窃盗犯に“異名”がつくワケ

2020/02/22 16:00
サイゾーウーマン編集部

「先生」という“異名”を持つ忍び込みの大ベテラン

 ところで、小川氏にとって、思い出深い“異名”の人物はいるのだろうか。「『先生』という人がいましたね……」。そう切り出された人物は、小川氏が生まれた1961年には、「もう泥棒だった」という忍び込みの大ベテランだそうだ。

「『刑事さん、年いくつなの?』なんて聞かれて、『二十うん歳だよ』と答えると、『二十うん年前は、旭川(刑務所)にいたなぁ』と言われました。『先生』は、いろんなことを教えてくれましたね。忍び込みについても『なんで簡単に入れそうなこっちを避けて、別のほうから入ったか、わかるか』『これには理由があるんだ』と説明してくれ、『なるほど!』と。当時から、本人に直接『先生』と言っていましたが、『先生』が刑務所に入り、出所後にまた泥棒稼業を復活させる頃には、捜査員の間で『先生』という“異名”が飛び交っていましたね。『先生いったぞー!』『先生、今日ここら辺うろちょろしてるよ』なんてね」

 また、“異名”をめぐるこんなエピソードも忘れられないそうだ。

「捜査員と被疑者が、事件に関係する場所を一軒一軒回りながら、犯行を検証する『引き当たり捜査』中、思わずいつもの癖で、被疑者を“異名”で呼んでしまうことがありました。例えば、その人物の“異名”が『ちょんまげ』だったとすると、つい『おい、ちょんまげ!』なんて声をかけちゃったり。そのとき本人から『俺、ちょんまげって呼ばれてたんですか?』『もっとカッコいいやつにしてくださいよ』とクレームが入ったことがありましたね」

 「カッコいい“異名”」として、「せめて『怪盗ルパン』とか」と提案されたという小川氏。その際は、「怪盗ルパンに失礼だよ」と返したそうで、「まぁ本人も冗談のつもりで言っている感じで、笑っていましたよ」とのこと。

「逆に、“異名”を気に入っている奴もいましたけどね。例えば、金庫破りを専門にしている窃盗犯は『金庫の〇〇』という異名がつくのですが、それを『金庫と言えば俺だ』と自慢するように語る奴がいるんですよ。泥棒もプライドがあって、『自分が一番でいたい』と思っているようです。そういえば、『次はもっといい名前をつけてもらえるように頑張ります』と言っていた奴もいましたね。泥棒として“成長したい”という意味だったのか……」

 窃盗犯にとって、モチベーションになってしまっては困りものだが、話を聞く限り、これからも世間の関心を引く“異名”が登場することになりそうだ。

小川泰平(おがわ・たいへい)
1961年愛媛県松山市生まれ。元神奈川県警の部長刑事。現職時は警察本部捜査三課、国際捜査課等で第一線の部長刑事として、主に被疑者の取り調べを担当。2009年、30年勤務した警察官を退職し、犯罪ジャーナリストに。著書に『現場刑事の掟』(イーストプレス出版)などがある。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@cyzowoman

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2020/02/22 16:00
警察の裏側/小川泰平
「令和のキャッツアイ」は一生忘れられない

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「令和のキャッツアイ」に騒然! 捜査三課の元刑事が語る、連続窃盗犯に“異名”がつくワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ