[女性誌速攻レビュー]「ar」8月号

「ar」飯豊まりえとの「同棲妄想」企画……彼氏目線のコメントが、いちいちエモくて寒いワケ

2019/08/02 13:00
島本有紀子
「ar」2019年8月号(主婦と生活社)

 先々月号から夏に浮かれ続けている「ar」(主婦と生活社)。8月号はデート特集号ということで、恋する乙女の盲目モードが加わって、さらに浮かれっぷりに拍車がかかっています。日本で一番夏を楽しみにしているのは「ar」なのではないか、と微笑ましく思えるほどです。早速、ハッピーな中身を見ていきましょう。

<トピックス>
◎ar的サロンへようこそ デート前に絶対可愛くなれる7days
◎好きだから可愛くなれる 彼と彼女のデート髪
◎飯豊まりえと過ごす夏の日(ハート) 可愛いキミのカメラロール

自称・意識高い系のつまらなさ

 デートまでの7日間で、可愛くなる方法を伝授してくれる企画「ar的サロンへようこそ デート前に絶対可愛くなれる7days」。その内容は、デート6日前には当日のファッションを決め、5日前には体のあらゆるところを保湿し、4日前には会話術を学び、3日前には趣味の話を盛り上げるコツを考え、2日前には次のデートに誘う飲食店をリサーチし……と、尋常ではない気合の入りようが伝わってくるハードスケジュールです。

 中でも最も気になったのは、「テッパン趣味話を盛り上げるコツを知る」ために、「ar男子」なる人物たちにアンケートを取ったという、「女性に言われたらうれしいセリフ集」でした。

 サッカー好きのペンネーム・川崎フロンターレ命さん(27歳)は、「Jリーグ見に行ってみたいんだよね」と言われたいと回答。理由は「W杯や代表戦ではなく、Jリーグのことを話題にしてくれると、ミーハーではなく本気で興味あるのかなって」。まるでJリーグ関係者ヅラです。そんな本気の興味を求められるなんて、川崎フロンターレ命さんの彼女候補は狭き門なのでは。

 また、仕事好きのペンネーム・意識高いって言わないでさん(30歳)は、「仕事内容についてもっと教えて!」と言われたいそう。「芸能人のゴシップやドラマの話をダラダラされるより、建設的な話ができるほうがまた会いたいって思う」とのこと。芸能ゴシップやドラマの話は建設的ではないという、視野の狭さ。めちゃくちゃ話がつまらなそう、かつ仕事もできなさそうです。

 「ar男子」は一体どこから集めてきているのか、気になるところです。このような、つまらない男たちに「ar」読者が引っ掛からないことを祈ります。

ar(アール) (定期購読)
男性陣、女性誌だからってそんなにイキらんでも

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「ar」飯豊まりえとの「同棲妄想」企画……彼氏目線のコメントが、いちいちエモくて寒いワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューarのニュースならサイゾーウーマンへ!