[女性誌速攻レビュー]「ar」7月号

「ar」SEXY特集が迷走! 「自分ウケ」と「男ウケ」で揺れる女子に、坂口健太郎が救いの一言

2019/06/30 16:00
島本有紀子
「ar」7月号(主婦と生活社)

 「ar」(主婦と生活社)の7月号はSEXY特集号。先月号でもすでに、「夏のヒロイン」「夏の主人公」などの言葉を多用して夏に浮かれていた「ar」ですが、今月も引き続き、TUBEの歌詞に負けない勢いで夏に向けて盛り上がっています。

 坂口健太郎が登場するインタビューページのタイトルも、「アツいのは夏のせい? 全部、坂口健太郎のせいだ。」です。この妙なテンションの責任を全て坂口に押し付けるとは、彼も荷が重いとは思いますが、早速中身を見ていきましょう。

<トピックス>
◎胸ギュン情熱女Forever
◎命中SEXYしか欲しくない!
◎この夏、私はカジュエロで生きる!

イガリシノブ不在の夏

 「ラブな最強パワーをとことん見せつける、超楽しい2019年の夏はもうすぐそこ(ハート)!」というご機嫌な一文から始まるメイク企画。タイトルは、「彼を焦がしちゃお(ハート)胸ギュン情熱女Forever」です。

 「胸ギュン情熱女」というワードセンス的に、「おフェロメイク」で人気のヘアメイク・イガリシノブ氏によるページかと思っていたのですが、今回のヘアメイク担当は中山友恵さんという方でした。そうわかってから読み進めると確かに、メイクのネーミング(「ジリジリ女」「ムンムン女」「秘め肌」等)は、イガリシノブ氏よりパンチが弱い。

 先月号のイガリメイク(「陽気な肌ベイべ!」「あふれちゃう実っちゃう DAKUDAKU娘」「ナツ恋必勝祈願【閲覧!推奨】顔からボンキュッボン!! arマル秘SUMMER NUDE顔」等)と比べたら、かなり寂しいネーミングです。名付けているのが本人か編集者かわかりませんが、ハイテンションなイガリ節に慣れた身としては、物足りません。

 メイクそのものも、イガリメイクよりナチュラルで、モデルの森絵梨佳の素材そのものが生きた仕上がりになっています。なんだか一気に、イガリシノブ氏のことが恋しくなってきました。知らぬ間に、すっかりイガリファンになっていたことに気づかされます。

ar (アール) 2019年 07月号 [雑誌]
「そこにストーリーがあるから(31歳・出版)」は口に出したいフレーズ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「ar」SEXY特集が迷走! 「自分ウケ」と「男ウケ」で揺れる女子に、坂口健太郎が救いの一言のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューarのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ