【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

天皇に寵愛された、いわくつきの“養女”――66歳と18歳の知られざる関係【日本のアウト皇室史】

藤原璋子(不詳 [Public domain], via Wikimedia Commons

 皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。最近では、女性・女系天皇論争の皇位継承者問題や秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約者・小室圭を巡る一連の騒動などが注目されているものの、実は、こんなのは大した騒動ではなかった……? 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な天皇家のエピソードを教えてもらいます!

養女に手を出すタフなおじいちゃん・白河法皇

―――第1回では、平安時代の天皇家にさかのぼり、白河法皇(1053~1129)のエピソードをうかがいました。白河法皇にはイケメンかつ家柄が良い友人・藤原公実(ふじわらのきんざね)がおり、彼が亡くなった後、公実の娘の璋子を引き取ったんですよね。しかし、父娘という関係を超えた「あやしい」ことをしていた……と『今鏡』という歴史物語に書かれていたみたいですが、「あやしいこと」って一体なんでしょうか?

堀江宏樹(以下、堀江) 当時、璋子ちゃんの年齢は小学生くらいでしょうか。最高権力者・白河法皇のもとを、現在でいえば総理大臣にあたる関白が用事で訪れたのです。すると、御簾のむこうの白河法皇は、何を思ったか「璋子の足を自分のふところに差し込んでいた」というのです! 美少女を両腕で抱っこしているだけでは飽き足らず、彼女の足を自分の胸に密着させようとしていたのでしょう。季節についての詳しい記述はありませんが、寒い日だったのかも(笑)。璋子の足が冷たいということで、それを「私が温めてやらなきゃ」とでも思ったのでしょうか。そして、総理大臣にあたる関白に対し、白河法皇は「私は今、手が離せないんだ~」などと言ってのけたかもしれません。それにしても、わざわざ自分の胸をカイロがわりに、ポカポカしてやる必要もないわけですが(笑)。

 そして、文芸評論家・白洲正子が執筆した『西行』によれば璋子ちゃんが13歳の時、白河法皇はどうにも我慢ができなくなり、彼女と“肉体的”に結ばれ、彼女を自分の寵姫の一人にしてしまったようです……。

―――13歳って……。ロリコンというか、現在なら犯罪ですよ! そして二人の年齢差は48歳。璋子が13歳ということは、白河法皇は61歳。還暦過ぎて、夜の方もお元気だったということですね。天皇だった方がそんな、加藤茶より衝撃的な関係を持っていたとは、付いていけません!

堀江 権力者は、業が深いんですよ。ただ、この頃は初潮を迎えれば成人したという感覚があり結婚もしていたので、そう考えれば大丈夫なんです。それ以前の年齢の女子との関係だと、当時でも変態枠なんですが。しかし……養女と養父の関係という近親相姦チックなところに加え、璋子はかつて自分の愛した男の忘れ形見ですからねぇ。おまけに、というか白河法皇、現代の年齢感覚でいえば76歳くらいに相当するので、周囲から、相当「お元気」だと思われていたでしょう。確実に“変態枠”のお話だと思われます……。

愛と欲望の世界史
他人には理解できない関係って意外とあるのかも

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

天皇に寵愛された、いわくつきの“養女”――66歳と18歳の知られざる関係【日本のアウト皇室史】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラム堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!のニュースならサイゾーウーマンへ!