『副業愛人』著者インタビュー・後編

「手コキでサクッと5万円」「キャバクラより安い」パパ活は男女ともに“コスパ”がいい関係性?

2019/04/28 14:00
千葉こころ
Photo by Ryo FUKAsawa from flickr

 『副業愛人 年収300万円で囲えるオンナの素顔28』(徳間書店)の著者・中山美里氏に「パパ活女子」について聞く今回のインタビュー。後編ではパパ側の意識やパパ活のリスクについての話を聞いた。

(前編はこちら)

“お金を介在する男女関係”であることに変わりはない

――SNS上では「1時間デートして5,000円」など、女子高生が相手を募集している投稿も見かけます。これらもパパ活なのでしょうか?

中山 それはたぶん、「JKビジネス」の派生ですね。JKビジネスは「ハグして2,000円」とか「一緒にプリクラを撮って1,500円」という感じなので、パパ活とはシステムもお金の価値も違います。パパ活は、たとえ最初は食事だけだったとしても、男性側は内心セックスを期待しているので、そういった面からも、JKビジネスよりもうちょっと大人の女性のものかなと。

――その子たちは、どんな感覚でやっているんですか?

中山 18歳未満はバイト代がとても安いので、「それよりはいい」みたいな感覚だと思います。もしかしたら危険な目に遭うかもしれない、みたいなことは一切考えていなくて、ハグしたり1時間食事するだけだからいいかって、軽く考えている節はありますね。仲間ができるというか、コミュニティがすぐできるというあたりも、パパ活とは違います。愛人に援助交際、パパ活、JKビジネスの派生とさまざまな男女の形があるんですね。

 確かにそれぞれ特徴のようなものはありますが、一方で、誰かがネーミングしたからそれらがあるだけで、基本的には全部「お金を介在する男女関係」です。あとはその時代によって定義が若干変わっているだけで、一概に「愛人はこう」「パパ活はこう」などと言い切れないと思います。

――つまり、それぞれ時代を反映した特徴はあるものの、根底は同じということでしょうか?

中山 そうだと思います。愛人という言葉自体は昔からありますが、時代によって“妾”だったり“副業愛人”だったり、関係性は移り変わっていますよね。パパ活や援助交際も、最初にそういった男女の関係性が現れたときと数年たったあとでは、関係性が変わっています。例えばパパ活は、初めはセックスなしだったのが、今ではセックス込みが当たり前とかね。なので、この先も形を変えていくでしょうし、パパ活に代わる新しい呼び名が出てくる可能性も十分にあると思いますよ。

副業愛人
マスコミは“食事のみ”って情報を流すけど、嘘ばっかり!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「手コキでサクッと5万円」「キャバクラより安い」パパ活は男女ともに“コスパ”がいい関係性?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー援助交際のニュースならサイゾーウーマンへ!