[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞・錦戸亮、「『粉雪』は“僕の歌”だと思ってる」発言にファン「異論ナシ」の理由

「粉雪」を背負って生きていく錦戸

 関ジャニ∞が、毎回さまざまな音楽アーティストを迎えてトークを繰り広げる音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)。12月23日放送回はクリスマス直前ということで「20~50代が選んだ雪の名曲ベスト20」が発表され、「雪の名曲」が解説された。

 ランキングトップ10は、10位「All I Want for Christmas Is You」(マライア・キャリー)、9位「WINTER SONG」(DERAMS COME TRUE)、8位「白い恋人達」(桑田佳祐)、7位「恋人がサンタクロース」(松任谷由実)、6位「クリスマス・イブ」(山下達郎)、5位「レット・イット・ゴー~ありのままで~」(松たか子)、4位「ロマンスの神様」(広瀬香美)、3位「なごり雪」(イルカ)、2位「雪の華」(中島美嘉)、1位「粉雪」(レミオロメン)だった。

 1位の「粉雪」を受けて、進行役の村上信五から「(錦戸)亮はいかがですか? 1位」と話をふられた錦戸は「ね、粉雪ね」といろいろと思うところがあるよう。村上も「いろいろあるでしょう」と意味深なコメントをしていたが、実は2005年に放送されていた錦戸出演のドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)の挿入歌なのだ。このドラマで錦戸は難病を患った主人公(沢尻エリカ)の恋人役を演じていた。

 そのため錦戸は「僕が出てたドラマの……僕が出てきたらこの歌が流れるんですよ。そうなんですよ。だから僕もう勝手にこれもう『僕の歌!』と思ってるんですけど」とコメント。これに村上も「でもなるよな。イメージはつくもん」と同調すると、ネット上でも「そうそう、『粉雪』と言えば亮ちゃん」「やっぱ亮ちゃんにとっても“僕の歌”なんだ。確かにそうだよね」「錦戸亮さんが粉雪を『僕の歌』と言ってたけど、これにはドラマファンもレミオロメンファンも異論はないと思う!」と、納得だというコメントが寄せられていた。

 そしてジャムセッションでは、ギター錦戸、ベース丸山隆平、ドラム大倉忠義に加え、ボーカルに中島本人を迎えて「雪の華」をセッション。しかし、同番組内で以前に渋谷すばるが歌ったこともあるだけに、「すばる思い出しちゃうー。なんか切ないよ」「すばる思い出して泣きそうになる」と思い出して切なくなってしまった人もいたようだ。

 しかし「雪の華」解説中には昔のトークVTRが流れ、そこには渋谷の姿も。これには「関ジャムにすばるくん!」「すばるくんがいるー!」「雪の華の解説で久々にすばるくん! もう映ってるだけでうれしくなる」と喜びの声が上がっていたのだった。

 年内でジャニーズ事務所を退所するため、今後は過去の映像使用が難しくなるかもしれない渋谷。それだけに、今年最後の番組で渋谷の姿が見られたことはファンもうれしかったことだろう。
(華山いの)

ジャニオタ的には「雪が降ってきた」一択だぞ?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関ジャニ∞・錦戸亮、「『粉雪』は“僕の歌”だと思ってる」発言にファン「異論ナシ」の理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ錦戸亮関ジャニ∞のニュースならサイゾーウーマンへ!