【ジャニーズJr.チャンネル便り】

SixTONES・松村「こけし」化、Sexy美少年・金指は「イメージ崩壊?」【Jr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)東京B少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、12月6日~12日公開の動画をチェックします!

Travis Japan・中村、「ちびりそう」とパニックに

 6日にアップされたのは「Travis Japan【バンジージャンプ】恐怖の罰ゲームを執行!」。メンバーは11月29日配信分で「以心伝心ゲーム」を行い、最もマイナスポイントを獲得した吉澤閑也が罰ゲームに決定。目的地の東京・よみうりランドに到着し、いよいよバンジージャンプ施設へ向かった。吉澤といえば、過去のお化け屋敷企画では1人だけ余裕の表情を浮かべていたが、意外にも絶叫系アトラクションは苦手だとか。地上22m(建物7階相当)からのダイブとなり、人生初のバンジージャンプを前に吉澤は「お前ら、男見とけよ! 俺が男だ! 俺は男だぁぁぁぁ!」と、カメラに向かってイキって見せるものの、ポイントに到達すると「こんな高いと思わなかった! ヤバ!」と、恐怖におののく。何度も顔面がアップになるため、前歯のすきっ歯具合、肌荒れが丸見えだ。

 頂上に着いて動揺を隠せない吉澤とは対照的に、係員のサンタクロース衣装のお姉さんは、とにかく冷静(そこがまた面白い)。かたや、下の待機組は「Go! Go! 閑也」と、お気楽モードだった。結局、「マジで無理だわ。結構怖くなっちゃった……」とこぼす吉澤は、飛べないまま数十分が経過。松倉海斗は「こんなシズ、初めて見たんだけど」と驚き、しびれを切らした松田元太がカウントダウンを提案。“強制的バンジー”対応をとったおかげで、覚悟を決めた吉澤はようやく飛び、何度も「死ぬ!」と叫んだ。実は吉澤の挑戦を待つ間に「命綱あるから怖くないでしょ?」(中村海人)「怖くない?」(宮近海斗)「うん」(中村)と会話しており、七五三掛龍也も「いける~」と言い切ったことから、急きょ中村&七五三掛もチャレンジ。もはや、以心伝心ゲームの意味はなくなってしまった。

 先ほどまで余裕だった中村は、飛び込みポイントで「マジで怖い、これ!」と、急に怖気づく始末。宮近に「今、どんな気持ち?」と聞かれ、「今? ちびりそうで~す!」と裏返り気味の声で絶叫し、「怖くないんじゃないの?」(宮近)にも「ちびりそうで~す!」と、おかしなテンションに。強制飛び降りのカウントダウンにより、顔を引きつらせながら実行。強気な態度から一転してヘタレになった中村に、筆者は情けないな~と感じたが、サンドバッグのようなポールに必死にしがみつく姿は母性本能をくすぐられる。

 次は「俺たぶん、そこ上がって歩いてポンっていっちゃうよ」と豪語していた七五三掛。「全然いけそうな気がするんですよね」「余裕」との宣言通り、頂上でも落ち着いている七五三掛は本当にあっさりとダイブしたのだった。直前に一瞬、硬い表情になるも、飛んだ後はいつものキュートな笑顔と、カメラに向かってピースするほど気持ちにゆとりがあったよう。吉澤は思わず、「やられましたわ! 俺、飛んだ意味ねぇじゃん!」と、嘆いてしまった。結果、普段は天然キャラで、どちらかと言えば一番女性らしいビジュアルの七五三掛が、バンジージャンプにおいては男気を発揮。七五三掛に感心していたところ、最後の「ということで、バンジーは高い!」(宮近)と雑なまとめに、興ざめさせられた。再生回数は10万台(14日時点)。

HiHiB少年写真集『GALAXY BOX』 (単行本)
バンジーリタイアしたNEWS・小山よりだいぶ立派!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

SixTONES・松村「こけし」化、Sexy美少年・金指は「イメージ崩壊?」【Jr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.Travis Japanのニュースならサイゾーウーマンへ!