[ジャニーズツッコミ道場]

ジャニーズJr.・佐藤龍我の魅力を巧みに引き出した、『ゼロ』のオタク的パーフェクトさ

ryuga-tenohira
『キャプ翼』みたいな等身してるんだもん

 加藤シゲアキ主演ドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』(日本テレビ系)が9月15日に最終回を迎えた。

 視聴率・評判ともに、正直、芳しいとはいえなかった同作品において、大きな収穫となったのは、天才的頭脳を持つ謎の中学生・標を演じたジャニーズJr.「東京B少年」の佐藤龍我の発掘だろう。

 この役を決めるためのオーディションとなったドラマ『Jr.選抜! 標への道』(同)の時点では、経験値はもちろん、演技力で佐藤に勝るJr.が何人もいた。だが、いざ『ゼロ』が始まってみると、なぜ彼が選ばれたのかがよくわかった。

 セリフはごくわずか。だが、数多いる出演者たちの中で、遠目に見ても明らかに浮き立つ異質な存在感がある。これは、経験値や演技力では補えないものだ。

 1つには、冗談のようなスタイルの良さがある。ワイシャツをスラックスにインした姿を見ると、半分以上が足だ。その上には、コンパクトすぎる胴体と小さすぎる顔があり、その驚異的身体バランスのため、ただ立っているだけで群集の中で浮きまくっている。

 真っ白な肌と、切れ長の冷たい目、瞬きの少なさ・無駄な動きのなさからくる落ち着きが「天才少年」感を漂わせる。しかも、このドラマ、どういうわけか佐藤龍我の魅力を引き出すこと1点にのみ、あざといほどの巧みさを発揮していたのだ。

 まずは標が幾度も食べていたメロンパン。「体育座りでのモグモグ姿を、斜め後方から映す」なんて、いかにもあざといが、まんまとハマる人が続出。マスクを被せられた顔をアップにしたり、キレイな手をアップで見せるのも一興だった。

おじいちゃんのゴリ押しかと思ってたよ……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズJr.・佐藤龍我の魅力を巧みに引き出した、『ゼロ』のオタク的パーフェクトさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズJr.ジャニーズツッコミ道場東京B少年のニュースならサイゾーウーマンへ!