その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Sexy Zone中島健人&菊池風磨、お互いの第一印象は「マシュマロだった」「別人みたい!」

ふまけん
マシュマロ風磨よ戻ってきて

 若手ジャニーズアイドルのパフォーマンスが楽しめる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。5月25日放送の「セレクションスペシャル」では、Sexy Zone菊池風磨と中島健人が司会を務め、4月放送分から名場面と未公開シーンが放送された。

 中島は、Sexy Zoneの「Congratulations」を歌ったVTRに触れ、「懐かしい気持ちになった」と懐古。そして「Jr.時代を思い返すと、オレと菊池はほぼ同時期に入所しているのですが、その時の第一印象覚えてますか?」と質問。これに菊池は、「今とはまた全然違ったような気がするな」と当時を思い起こし、「今の中島健人っていう像ができあがる前。(今とは)別人みたい!」と振り返った。

 菊池の印象を聞かれた中島も、「今が紀元後だとしたら、紀元前なワケですよ」と、菊池の変化を独特な言葉で表現。そして、「今がワイルド系男子だとしたら、当時は“マシュマロ”でしたね。お肌もモッチモチしてたじゃない」と、まだ声変わり前のかわいらしい男の子という印象を持っていたことを告白した。

 当時は大勢のJr.の中の一人でテレビにも映らないくらいの端っこだったという2人だが、Jr.として“形”になってきたのは「『ビリビリDANCE』かな」と中島。2人はこの時、松村北斗と高地優吾の4人でジャニーズJr.内ユニットのB.I.Shadowを結成していたのだが、この時から“ふまけん”のシンメを意識した歌披露も多くなってきたのだとか。

 さらに、ひとつのお題に対し2人の回答が揃うかどうかをチェックする「以心伝心!ふまけん絆調査」にも挑戦。「Sexy Zoneの武器は?」というテーマに対して、菊池が「個性」、中島が「バラ!」と回答すると、菊池は「わかるよ! 要するに物体的なもの(バラ)と、中身的なもの(個性)ですよね」とフォロー。すると、中島は「一緒ですよね」と言い出し、「これは一緒でしょ」と菊池も同意。「“個性”が“バラバラ”ってこと!」「個性がバラ!」と上手い具合に2人がまとめ、再び「一緒だね」と納得するも、結局はスタッフから「一緒じゃないですね」とツッコまれてしまう2人だった。

 なかなかの負けず嫌いの2人だが、そんな2人の姿を見て、ネット上には「スタッフのコメントに負けない強めなふまけんが愛しくてたまらん!!」「答えが合ってないのに『一緒だー』って言い張るあの感じが、まさにふまけんがふまけんしてるって感じで、すごく笑えたし、より愛おしくなったよ」「ふまけん絆調査、結果! ふまけんの絆はふまけんにしかわからないっ笑!」と、目を細めるファンも。

 前回の放送では「セレクションスペシャルの司会はこの2人で固定しているというワケではない」という旨の発言もあったが、また2人で司会を担当し仲睦まじい姿を見せてほしいものだ。
(吉本あや)

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Sexy Zone中島健人&菊池風磨、お互いの第一印象は「マシュマロだった」「別人みたい!」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズSexy Zoneのニュースならサイゾーウーマンへ!