「KAT-TUNでいちばん音痴」田口淳之介、異例の早さでソロメジャーデビューも心配が……

 異例の事態に、ファンも驚きを隠せないようだ。昨年3月いっぱいでKAT-TUNを脱退、ジャニーズ事務所を退所した田口淳之介が、早くもソロ歌手としてメジャーデビューを果たすことが明らかになったのだ。

 退所後、田口は9月に個人事務所を開設。11月に、インディーズレーベルからシングル「Hero」をリリースしたが、この2月に大手レコード会社ユニバーサルミュージックと2年間の専属アーティスト契約を結び、シングル「Connect」(4月5日発売)でメジャーデビューすることが決まった。

 従来、ジャニーズを退所し、芸能活動をするとなれば、“巨大な壁”が待ち受けていた。ジャニーズはテレビ局をはじめ、関係各所に多大な影響力を誇示しているため、「辞めた人間を使うなら、うちのタレントは使わせない」といった主旨の圧力がかかっていたからだ。従って、ジャニーズを辞めれば、業界で干されるのが目に見えていた。

 いい例が、同じKAT-TUNのメンバーだった赤西仁だ。赤西は2010年8月にグループを脱退後、ソロ活動をしていたが、14年2月で同事務所を退所。その後、同7月より個人事務所を立ち上げ、ソロ歌手として再スタートを切ったが、インディーズでの活動を余儀なくされ、芸能界の表舞台から消えたまま。私生活では、12年2月に女優・黒木メイサと結婚し、同9月に第1子となる女児が誕生。現在、黒木は第2子を妊娠中だが、2人の間には大きな“格差”が生まれてしまい、赤西はほとんどヒモ同然の状態といわれている。

 それを思えば、退所からわずか1年足らずでメジャーデビューが決まった田口は、これまでの常識を打ち破ったことになる。ジャニーズに、いったい何が起きたのか?
<!– Separator for PageBute –>
「ジャニーズ自体の業界での影響力は変わりません。ただ、これまでのように、辞めた人間に対して露骨な圧力をかけるようなことはあまりしない方針に変わったようなんです。きっかけは、昨年のSMAP解散騒動だと聞いています。メンバーに『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で生謝罪させたため、ジャニーズにはファンからの抗議が殺到し、方向転換を図らざるを得なくなった。その意味では、田口はタイミング的にラッキーだったのでしょうね」(テレビ関係者)

 田口のメジャーデビューを後押しした要因は、それだけではなさそうだ。

「そもそも、ユニバーサルとジャニーズの関係が密接ではないことが影響しているようです。ただ、地上波の音楽番組に田口が出るとなると、ジャニーズから『だったら、うちのタレントとは共演させられない』といった圧力がかかる可能性はまだまだありそうです」(音楽業界関係者)

 運良く、業界でさほど干されることもなく、メジャーデビューできることになった田口だが、「KAT-TUNでいちばん音痴」ともいわれていただけに、その歌手活動は果たしてうまくいくのだろうか?
(文=田中七男)

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「KAT-TUNでいちばん音痴」田口淳之介、異例の早さでソロメジャーデビューも心配が……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック