その他
【ジャニーズ研究会レポート】

『カインとアベル』のあのセリフは、山田涼介と中島裕翔のセンター争いから生まれたもの!?

 2016年10月~12月放送の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)で主演を務めた、Hey!Say!JUMP山田涼介。“運命的な兄弟”の姿を描いたこの作品は、山田演じるうだつの上がらないサラリーマン高田優と、成績優秀で父親に寵愛されている兄、そして兄の婚約者の女性を巡る三角関係が物語の中心となり、“ドロドロ”な月9として話題になった。また、仕事を通して成長する優の姿も見所で、恋愛要素だけでない作品に仕上がっている。

 3カ月にわたる放送を終え、山田はアイドル誌「Myojo」(集英社、2017年2月号)内の個人連載「真紅の音」にて、ドラマの撮影について振り返った。2016年に「自分が持つ表現力を存分にぶつけられるような役に挑戦してみたい」という抱負を掲げていた山田は、1年を振り返り「『カインとアベル』でやらせてもらった高田優は……

■続きを読む

 

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『カインとアベル』のあのセリフは、山田涼介と中島裕翔のセンター争いから生まれたもの!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!