[女性誌速攻レビュー]「an・an」11月2日号

神田うののヌードはどう楽しめばいい? 「an・an」が用意した”救い”

anan111102.jpg
「an・an」11月2日号(マガジンハ
ウス)

 一部でニュースになっていた神田うのの妊婦ヌードが掲載されている今号の「an・an」。イケメンのヌードなら金を払ってでも見たい女性がいても、神田うのの妊婦姿をペイしてまで見たい女性がどれだけいるのか……。確実なのは盟友の美川憲一でしょうか。そして特集は「空前の出産ブーム! はじめての妊娠・出産」という同誌らしくないもの。実は、昨年の11月に小特集「母親になるって楽しいかも!はじめての妊娠」という企画をやっていて、その時は「妊娠ブームでも仕掛けるつもり?」と思っていましたが、実際にブームが到来したようです。それでは、二度目の挑戦となる妊娠・出産企画をチェックしていきましょう。


<トピックス>
◎笑いあり、涙ありの妊娠・出産エピソード
◎私がシングルマザーを選択した理由
◎妊娠力を高める12の約束

■うのヌードの受け止め方

 まさか神田うのについて頭を悩ませる日がくるとは思いませんでした。「神田うの」「an・an」「妊婦ヌード」と来たら、次に来るワードは「ギャグ」のはず。同じ妊婦ヌードでも、hitomiのときは同性・同年代の女性から「憧れ、カッコイイ」なんて声があり、マライア・キャリーは「ミミたん相変わらず自分大好きなのね」という声や「撮影して後悔してる」なんて実の夫の声が聞こえてきました。しかし、神田うのには同性&異性共に熱狂的ファンはいない(ジェンダーフリーな美川憲一さんは別)し、実際なんの評判も聞こえてこない……。

 うのヌードへの接し方が決められないまま、うののインタビューを読んでみました。「今の私を撮影したいと言われたら、こんなのでよろしければどうぞ! って」「今しか残せないことを、お腹の子と一緒にできて、特別な思いが湧いてきましたね」。……何もしゃべっていない。何事にも意味や理由を求めてしまいがちな現代ですが、そんなのなくたっていいじゃない、うののライトな妊婦ヌードにそんな思いを抱きました。

 しかし「an・an」もこのヌードを「ギャグ」として昇華させるつもりのようです。ヌードの次ページに五月女ケイ子さんによる撮影舞台裏のルポを掲載。五月女さんの面白タッチのイラストで、うのの撮影現場での立ち居振る舞いとポーズの取り方、そして旦那さんのファッションなどが描かれています。これを読んで、ようやくこのヌードへの距離感が掴めました。笑ってよし、です。

■妊娠の不合格者

 ギャグじゃない企画ももちろんあります。超ご丁寧に作られた妊娠・出産Q&Aが冒頭から41ページまでぶっ続けで展開され、徐々に「an・an」を読んでいる意識が薄れていきます。内容もさることながら、レイアウトも延々と同じで、行政の作ったつまらないハンドブックを見ている気分になりました。ということで、すっ飛ばして漫画家のひうらさとるさんのインタビューに注目します。43歳で高齢出産を体験し、現在は2歳の娘さんを子育て中。しかし実は過去に2度の流産を経験し、そのため産婦人科で赤ちゃんの心拍が確認できたときは「学校に合格したみたいな気分になりました」と話しています。「今までは、受かろうと思って受けてた試験じゃないけど、やっぱりショックだな、というのがあって。初めてスタートラインに立てた」と続けます。サラっと話していますが、これって重要なことではないでしょうか。

 妊娠できない自分を”落第生”と思ってしまう女性の危うさに触れているのは、1冊通してここだけですが、意外と見落としちゃいけない部分です。妊娠・出産って素晴らしい! と声高に謳われるほど、そこから落ちてしまった不合格者も当然出てくる。そういった女性たちの声も聞いてほしい、なんてのはライフスタイル誌の「an・an」には求めすぎですかね。

 深澤真紀氏がサイゾーウーマンのインタビューで「結婚=自意識の発表会」と言っていましたが、昨今ではそれがさらに進んで「妊娠・出産=自意識の発表会」になっているように思えた今号。しかし女の自意識、見栄が経済を動かしていることもまた事実。実際、広告をチェックしていくと、いままでなかったおんぶ紐、妊娠検査薬、布ナプキン、製薬会社といったその手の市場の出稿が目立ちました。金脈が見えた、という感じでしょうか。意外と考えさせられた「an・an」の次号は「美容皮フ科」特集! なんじゃそりゃ!
(二宮まい)

『an・an特別編集 しあわせおやつ 保存版 (マガジンハウスムック)』

憲ちゃんだけは褒めてくれるからダイジョブ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
元オリーブ少女にも牙を向く、「an・an」の”ちょい遅れ女”ディスが痛快! 
「an・an」がなぞの妊娠企画! 曰く「母親になるって楽しいかも!」
亀梨和也がキムタク化? 「ぶりっ子は大事」と「an・an」で説く

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

神田うののヌードはどう楽しめばいい? 「an・an」が用意した”救い”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! an・an女性誌レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!