• カルチャー

「性被害がまるでポルノ作品のように書かれている」性暴力を助長するネットや報道の問題点
映画【ら】上映とシンポジウム「性暴力被害に対する第三者の向き合い方 報道やネットによる二次被害防止を考える」レポート

「性被害がまるでポルノ作品のように書かれている」性暴力を助長するネットや報道の問題点

 2016年11月20日、「映画【ら】上映とシンポジウム 性暴力被害に対する第三者の向き合い方 報道やネットによる二次被害防止を考える」が、すみだ...

「認知症の義母に対して距離を持って見ている」城戸真亜子が語る、無理をしない10年介護
『記憶をつなぐラブレター 母と私の介護絵日記』著者・城戸真亜子さんインタビュー

「認知症の義母に対して距離を持って見ている」城戸真亜子が語る、無理をしない10年介護

 老いゆく家族の介護は、肉体的にも精神的にも重い負担がのしかかる。特に認知症患者の介護は記憶の消失や落ち着かない行動、排泄の困難などが伴うことから...

3億円の遺産を相続する条件は「私を殺すこと」――醜き守銭奴の哀れな末路
「相続」(後編)/長崎さゆり『ご近所の悪いうわさ』

3億円の遺産を相続する条件は「私を殺すこと」――醜き守銭奴の哀れな末路

【作品名】「相続」(後編) 【作者】長崎さゆり『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】見知らぬ老婆から、3億円の遺産相続を持ちかけられた良美。その条件は、「ひと月以内に自分を殺す」こと。ギャンブル狂の良美の夫は、それを実行に移してしまうのか?

【サイゾーウーマンリコメンド】“守銭奴”という、悲劇的な生き物の生態がマルッとわかる本作。カネがまったく貯まらないという星に生まれた私は、日々自己嫌悪に陥っていたんですが、「全然マシじゃん」とポジティブな気持ちに!!

LGBTを知ると世の中が変わって見える!? 今さら聞けない性的マイノリティへの疑問
『ゲイカップルに萌えたら迷惑ですか? 聞きたい!けど聞けない!LGBTsのこと』レビュー

LGBTを知ると世の中が変わって見える!? 今さら聞けない性的マイノリティへの疑問

 最近、「LGBT」という言葉をあちこちで耳にする。あらためて説明すると、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略で、性的マイノ...

怪しげな老婆から、突然「3億円の遺産」を相続しないかと持ちかけられた!!
「相続」(前編)/長崎さゆり『ご近所の悪いうわさ』

怪しげな老婆から、突然「3億円の遺産」を相続しないかと持ちかけられた!!

【作品名】「相続」(前編) 【作者】長崎さゆり『ご近所の悪いうわさ』

【作品紹介】ギャンブル狂いの夫のせいで、極貧生活を送る良美。ある日、街で助けた老婆に3億円という莫大な遺産を相続しないかと持ちかけられる。

【サイゾーウーマンリコメンド】サイ女読者の大好物、カネと老婆のお話ですよ~!! 老婆が、冒頭から主人公・良美にいい問いかけをするんですよね。「……あんた お金は好きかい?」と。皆さんもぜひ心の中で「イエ~~~ス!!」と叫んで、読んでみてくださ~い!

「精子バンクの商業化は多くの人たちの幸せにつながる」生殖医療の最前線の医師が語る、日本の家族観の問題点
『生殖医療の衝撃』著者・石原理氏インタビュー(前編)

「精子バンクの商業化は多くの人たちの幸せにつながる」生殖医療の最前線の医師が語る、日本の家族観の問題点

 1978年に体外受精によって、ルイーズ・ブラウンさんがイギリスで誕生してから38年。生殖医療の分野では、日進月歩で技術が進化を遂げている。その一...